かりゆし58「アンマー」母への感謝を伝えずにはいられなくなる一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1980年生まれ 青森県在住 男性 会社員
かりゆし58「アンマー」

曲にまつわる思い出

この曲は母親への感謝を綴った歌なのですが、歌詞の内容がその頃の私と大きく重なる所が多くありました。

明るい曲調の中で、感謝の言葉や母親の努力なんかを歌っており、この曲を初めて聞いた時には、思わず泣いてしまいました。

この曲を覚えて、この曲を母親へ歌うことによって感謝を伝えようと、何度も聞き返しました。

そして何度も曲を聞き返して歌詞を暗記するうちに、その歌詞の意味深さをもっと感じるようになりました。

直接母親に、言葉として感謝を伝える事は出来ないかも知れないけど、この歌を歌ってあげる事で、自分ながらのせめてもの感謝の気持ちを伝えよう。そう思って、母親と一緒にカラオケボックスへ行きました。

母親とお酒を飲み交わしながら、最初は他の何も関係の無い曲を歌って、遂にこの時だとばかりにこの曲を入れ、そして歌いました。

私はその曲を歌いながら心の中では、私を産み、そしてこの歳になるまで立派に育ててくれてありがとう。と言う思いを込めて歌いました。

そうしたら、最後まで歌う事は出来たのですが、自分の目が潤みながら歌っていたのを、今でも鮮明に覚えています。

978-eyecatch

この歌を母親へ捧げた時に、母は私のそんな思いを察知したのかどうかはわかりません。

でも私は恥ずかしがり屋ですので、この様な方法でしか感謝の気持ちや思いを伝える事が出来ませんでした。ただ言える事は、その曲を私が歌った後、母親は微笑みながらうなずいていました。

この曲と出会う事が出来なければ、私はここまで母親の重要性を知る事は出来なかったかもしれません。

私は今は結婚して子供もいますが、この曲は世代を超えて歌い継がれて、いつかは自分の子供達が私たちへ歌ってもらえるように、母親から頂いた大きな愛を、私も自分の子供へ注いで行きたいと思います。

 

かりゆし58ベスト

2,000円
(2016.02.06時点)
posted with ポチレバ