倖田來未「ETERNITY〜Love & Songs〜」JAZZ BARに来たような幸せいっぱいのライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1992年生まれ 東京都在住 女性 無職
倖田來未「ETERNITY〜Love & Songs〜」
2010年10月20日〜24日 ビルボードライブ東京

セットリスト

  1. SWEET MEMORISE
  2. TATTO
  3. MORE
  4. 愛のうた
  5. 好きで、好きで、好きで。
  6. 0時前のツンデレラ
  7. 愛のことば
  8. Magic
  9. 小さな恋のうた
  10. め組のひと
  11. BE MY BABY
  12. 走れ!
  13. ほか

ライブにまつわる思い出

このライブは、SNSサイトで知り合った倖田來未さんが好きな女性ファンに誘われて、二人で行ったものです。

それも六本木にあるビルボードライブ東京。とても綺麗で、雰囲気のあるショーレストラン?のようでした。着ていく洋服も、少しドレスコードでした。

用意されていた席では、サービスエリアとカジュアルエリアがあり、友達はサービスエリアを取ってくれました。

そして座った席は舞台からもとても近いし、テーブルの横は通路があり、なんと倖田來未さんがそこを通るとのこと……!始まる前から、心踊らせながら待っていました。

そしてオープニング曲のスイートメモリーズで、倖田來未さんが階段から降りてきました。そしてこちらに歩いてくるのです。

私の真横にある通路に来たとき、私はがっつり倖田來未さんと目が合い、そのままにらめっこ。というより、見入ってしまいました。

握手の手も差し伸べられなかったけど、わたしの肩をポンッと触れてくれて、そのまま通過して行きました。

倖田來未さんはとても綺麗で、スタイルもよくて魅力的だったのを今でも覚えています。

その後も一人一人と丁寧に握手をしたり、触れあってゆっくりと舞台に上がっていきました。

私は目が悪いのですが、本当にくっきり見えるほど近い舞台。そしてバラードばかりを揃えたライブだったので、しっとりと聞けて、まるでJAZZ BARに来たようなイメージでした。

舞台の後ろのほうに大きいカーテンがあり、なんだろうな〜?と思っていたのですが、愛のことばを歌っている途中、そのカーテンが開きました。

するとなんと!東京タワーを中心とした綺麗な夜景が登場しました!!この日は晴れていたので、本当に綺麗な夜景でした。

962-eyecatch

夜景をバックにバンドさん達がいて、そして倖田來未さん。とても素敵で素晴らしい演出に、ほろほろと涙が出てしまいました。

倖田來未さんは、とてもいい詩を書くし、感極まって泣きながら歌われたりもして、いつも気持ちが乗った素敵なパフォーマンスをしてくださいます。

何度か行ったライブの中で、このビルボードライブ東京のライブが、本当に印象的なライブとなりました。

 

ETERNITY ~Love & Songs~

2,200円
(2016.01.26時点)
posted with ポチレバ