Kinki Kids「フラワー」一歩踏み出す勇気を与えてくれた一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1985年生まれ 鹿児島県在住 女性 主婦
Kinki Kids「フラワー」

曲にまつわる思い出

私の思い出の一曲は、KinKi Kidsの「フラワー」です。

初めてKinKi Kidsの曲を聴いたのは、小学6年生の時でした。それまで芸能人に興味がなかった私ですが、歌って踊るKinKi Kidsを見て、一目でファンになりました。

それからずっとKinKi Kidsの曲を聴き続けて、「フラワー」という曲に出会いました。

ノリの良い曲に爽やかな衣装で踊るKinKi Kids。聴いてすぐに好きになりました。

そして何度も聴いているうちに歌詞の深さにも気づきました。

苦しいことばかりじゃないから
こんなにがんばってる君がいる
叶わない夢はないんだ

この部分がとても心に響きました。

当時、中学生だった私は吹奏楽部に所属しており、大会前は夏休み中でも毎日、丸1日を練習に費やす日々でした。

そして辛い練習を乗り越え、大会の日。緊張で心臓のドキドキが止まりませんでした。そんな時、私の頭に浮かんだのはこの「フラワー」の歌詞でした。

毎日毎日、練習を頑張ってきたんだから叶わない夢はない。そう思うと勇気付けられ、自然と緊張はほぐれてきました。

それから先も受験など、私の人生で大切な時には必ず「フラワー」の歌詞が、私に勇気を与えてくれました。

960-eyecatch

そしてさらに数年が経ち、私は幼稚園教諭として就職をしました。

初めて担任を任された年の入園式の日。通勤途中に不安でいっぱいになり、無意識に涙が流れてきました。

そんな時もふと、KinKi Kidsのことを思い出しました。MDを入れ換えて「フラワー」を聴くとまた涙が。でも2回目の涙は不安の涙ではありませんでした。

幾度となく私を助けてくれて、大丈夫だよと背中を押してくれた「フラワー」を聴くと、不思議と不安は消えて前向きな気持ちになれました。

1回目はじっくり聴いて、2回目は一緒に歌いました。すると幼稚園に着いた頃には自然と笑顔になれて、子どもたちの前に立つことが不安から楽しみに変わっていました。

私にとって「フラワー」は、何年経っても私の背中を押してくれて、私に一歩を踏み出す勇気をくれました。

この曲に出会えたことは私の一生の宝物です。これから先もフラワーの歌詞を信じて、いろんな夢を叶えていきたいと思います。