DIR EN GREY「TOUR15 THE UNSTOPPABLE LIFE」緊張のオールスタンディングライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1986年生まれ 静岡県在住 女性 契約社員
DIR EN GREY「TOUR15 THE UNSTOPPABLE LIFE」
2015年4月29日 Zepp Nagoya

セットリスト

  1. 咀嚼
  2. 懐春
  3. 輪郭
  4. 腐海
  5. ほか

ライブにまつわる思い出

「DIR EN GREY」は学生時代にずっと追いかけていたバンドなんですが、引っ越しを機にライブに参戦できなくなることが多く、今回は何年振りかのスタンディングでの参戦ライブでした。

このライブに参戦する少し前、ホールでのライブにも参戦したのですが、やはりライブハウスでオールスタンディングでの参戦は緊張するものでした。

名古屋のライブに行くのも初めてでしたし、参戦する地域でノリが違うのも聞いていたので、さらに緊張でした。

Zepp Nagoyaに着くと、思ったよりも物販の列が並んでいて、限定Tシャツを買うことができなかったのも思い出の一つです。

整理番号がかなり後ろの方だったので、後ろのほうで見る予定だったのですが、空きスペースが前の方にあったため、肉眼で久しぶりにメンバーを見ることが叶いました。

389-eyecatch

ライブ自体は思っていたよりも大人しいのが印象的でした。また、カップルで来ている人もかなり増えていたのが驚きでした。

ライブのセトリは毎度のごとく、ほぼ記憶していないのですが、「腐海」を演奏してくれたのには感動しました。

DIRの中でも大好きな曲の一つなのですが、この曲を演奏している日に当たることが少なかったので、貴重な体験でした。

また、メンバーがとても楽しそうにライブをしていたのも印象的で、今日はToshiyaがよく動いているからいい日かもしれないと思ったのは、間違いではなかったなと思いました。

私は下手側にいたのですが、京くんやDieくんも下手に来て煽ってくれたのもいい思い出です。

映像や照明も素晴らしく、演奏しているメンバーよりも後ろに流れている映像に目を奪われることもしばしばありました。

DVD等でそちらにもかなり力を入れていることは認識していたのですが、やはり生で見ると圧巻の迫力と世界観でした。

久しぶりの参戦でしたが、楽しいライブでした。せっかくライブに行きやすい場所に引っ越してきたので、これからは行く頻度を増やそうと決めたライブです。