「ザ・クロマニヨンズ スペシャルライブ」トラウマになってしまった超絶ライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1992年生まれ 青森県在住 女性 SE
ザ・クロマニヨンズ「ザ・クロマニヨンズ スペシャルライブ」

セットリスト

  1. タリホー
  2. 紙飛行機
  3. ギリギリガガンガン
  4. エイトビート
  5. キスまでいける
  6. 突風野郎 愛のテーマ
  7. グリセリン・クイーン
  8. スピードとナイフ
  9. 雷雨決行
  10. オートバイと皮ジャンパーとカレー
  11. 突撃ロック
  12. ナンバーワン野郎!
  13. ほか

ライブにまつわる思い出

このライブは、ザ・クロマニヨンズのベストアルバムとPV集のDVD両方を、タワーレコードで買った人が抽選で招待されるというものでした。

場所は東京渋谷のタワーレコードの地下でした。当時、私は大阪に住んでいましたが、行こうと思えば東京くらい行けるな、と思いました。

そしてライブの日時を見ると、絶対に抽選に当たりたい!と思いました。なぜならそのライブの日は、私の誕生日だったのです。

そのことや、普段から応援していることなどをハガキに書いて送り、ドキドキしながら待っていたら、無事に抽選に当たりました。

しかも、整理番号も40番台。メンバーたちを間近で見られる!なんていい誕生日だ!と思いました。

お金もなく、他に用もなかったので、格安の高速バスで行きました。しっかりとクロマニヨンズTシャツを着て、マフラータオルを首から下げて渋谷を歩くと、同志たちがぞくぞくとタワレコに集まっていきます。

そして入り口ですでに並んでいる人たちを見て驚きました。「整理番号800番台の方はこちら」、などと書かれたプラカードが立っていたのです。

たくさん当選するのはいいことですが、「この狭い空間に何人入るんだろう……」と、恐ろしくなりました。

整理番号は40番台だったのですが、先にドリンクを引き換えていたせいで前から3列目。それでも、今までこんな前の列に行ったことがなかったのでワクワクしながら、隣の名古屋から来たというお姉さんと話しながら、開演を待っていました。

新曲が出たばかりだったので、それは絶対やるよね、とか、ベストが出たばかりだからシングル曲ばっかりかもね、とか。

そしていざ始まってみると、一気に後ろから前に人が押し寄せ、あっという間に私は潰されました。そして、まわりに柵やスタッフがいないのに気づき、「これはヤバい」と思いました。

後ろの人が私の肩に手を乗せたり、髪の毛をぐちゃぐちゃにしたりしました。息をするのも大変で、ヒロトがMCをしているうちに脇に出ようと試みたのですが、それすらも大変でした。

459-eyecatch

罵られながら抜け出し、呆然としたまま最後の曲を聞きました。このときのライブはアルバムの初回限定版の特典でDVDになりましたが、このときのトラウマでまだ見られていません。

そしてタワレコの地下から出たとき、東京はテレビでニュースになるほどの豪雨が降っていました。傘を持っていなかったので、びしょ濡れのまま新宿へ行きました。

すごい誕生日でした。