Acid Black Cherry「Prologue End」ふたりの愛する気持ちを確認できるバラード

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1992年生まれ 大阪府在住 女性 主婦
Acid Black Cherry「Prologue End」

曲にまつわる思い出

私は以前から「Acid Black Cherry」というバンドが好きで、自身でもコピーバンドをして歌ったりしていました。

そんなある日、当時5年ほどお付き合いしていた彼と、カラオケに行きこの歌を歌いました。

この歌は、「あなたと出会って私は変わった。あなたとこれから生きていきたい、愛しています。私のすべてをかけてあなたを愛します。」という内容の歌詞で、結婚向けの歌でした。

私はこの歌の内容が好きだったので、この日も何気なく歌いました。すると彼は、この歌詞の内容に心打たれたようで、今後の二人の事について考えたようです。

この当時でもう5年も付き合っていて、彼はもう31歳でした。いつも隣にいることが当たり前で、お互いがお互いの大切さを日々感じていないことが多かった、そんな時期でした。

年齢のことを考えても、そろそろ結婚かと思っていたぐらいで、付き合った当初の、お互いのどこに惹かれて…ということはもう忘れてしまっていました。

けどこの歌を聞いた彼も、あらためて聞いた私も、色々と考えました。当たり前のふたりだけど、離れなければいけないようなことがあったら…?どちらかが事故にあったら…?

そのようなことをお互いに考えたとき、相手の大事さをすごく感じました。

87-eyecatch

そして彼からプロポーズを受けて結婚し、今では夫婦になりました。

歌で左右される私たちは単純なのかもしれません。ですが、このようなキッカケがなかったら、もっと結婚は先になっていたか、もしくは別れていたかもしれません。

結婚した今でも、たまに今の生活が当たり前に感じることがあるので、そんなときはふたりでこの歌を聴いて、お互いの存在を再確認しています。

普段は帰りが遅くても、何かあったのかな?と少し思うだけですが、この歌を聞いたあとは、すごく会いたくなります。

旦那の本当の心の中はどうかわかりません。ただ、この歌の、

「君を愛すと誓ったから 君と生きると誓ったから 君を守ると誓ったから 僕の中にあるすべてをかけて」

という歌詞のように、私にとってすべてをかけても愛する相手は今の旦那だと、胸を張って言えます。

今お腹にいる子にも将来、そう思える相手と巡り合えたらいいな。

 

BLACK LIST

2,100円
(2014.12.11時点)
posted with ポチレバ