Chicago Poodle「タカラモノ」結婚式のエンドロールにふさわしい一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1989年生まれ 愛知県在住 女性 主婦
Chicago Poodle「タカラモノ」

曲にまつわる思い出

私がこの「タカラモノ」という曲を知ったのは、ある会社のCMがきっかけでした。

そのCMは私の地元では流れないもので、夫の転勤で広島県へ引っ越しをしたことで知ることができました。

最初は、まったく「Chicago Poodle」というアーティストのことは知らず、曲のタイトルも分かりませんでした。でも、どうしても気になり、インターネットで調べました。

そのCMは曲に合わせて、笑ったり泣いたり、喜んだりしている家族の写真が紹介されていて、とても素敵だなと思っていました。見るとほっこりする気持ちになり、何度も見たくなります。

私は当時、結婚式で使用する曲を探していました。なかなかいい曲と出会えなかったのですが、この曲はとてもピッタリだったのです。

この曲を夫に紹介しようと思っていたら、夫もいい曲を見つけたと言うので聞いてみると、なんと偶然にも同じ「タカラモノ」だったのです。

今までにこの曲の話を全くしていなかったので、とても驚きました。それと同時に、お互いが良いと思っている曲が同じだったことが、とても嬉しかったです。

867-eyecatch

私の地元ではこのCMは流れないので、友人も家族も知らない曲でしたが、結婚式のエンドロールでこの曲を使用することを決めました。

この曲の一番好きなところはメロディーもそうですが、歌詞がとても素敵なところです。すごくありきたりかもしれませんが、本当に感動します。

これから家族になる人たち、大切な人がいる人にはぜひ聞いてほしいです。

最後のサビの、

おばあちゃんの君おじいちゃんの僕
しわくちゃだけど誰よりもシアワセな顔
そんな風になろうね 同じように笑おう
いついつまでも
やがて来る最後のページめくるその日まで

というところが大好きです。

私はいつもこの曲を聞くとき、夫がこういう気持ちでいてくれたら嬉しいなと思いながら聞いています。

結婚式のエンドロールに本当にぴったりで、友人たちもすごく感動してくれました。この曲を聞くと結婚式での思い出が思い浮かぶのでとても幸せな、温かい気持ちになります。

ぜひ、たくさんの人たちに聞いてもらいたい曲です。

 

3.0

1,900円
(2015.12.01時点)
posted with ポチレバ