Kiroro「Best Friend」旅立った親友との思い出で涙が止まらなくなる一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1975年生まれ 東京都在住 女性 主婦
Kiroro「Best Friend」

曲にまつわる思い出

この曲は、中学と高校時代の親友が、結婚式の入場曲で使った曲です。

彼女が素敵な人と結ばれるその式に、残念ながら列席することはできませんでしたが、準備段階でこの曲を使うということを教えてもらいました。

式は人前式という、彼女と旦那様が進行するという式でした。列席してお祝いしてくれた方々に二人で、自分たちの言葉でありがとうを伝えたいという、彼女の優しさが見えてくるような式だなと思いました。

そして無事に式を終え、彼女は旦那様の転勤に伴い、少し遠い所へ引っ越していきました。

学生時代のように毎日会うことは難しくなりましたが、いつでも会える、いつでも昔みたいに話ができると思っていました。

845-eyecatch

何年か経ち、彼女が少し悩んでいるという話を聞くようになりました。

心配ではありましたが、すぐに会いに行ける距離ではなかったことや、自分の生活で一杯一杯になっていた私は、あまり親身になって話を聞いていなかったのかもしれません。

メールの返信もすぐにはせず、少し時間が経ってからする、ということが増えていました。

そんなある日、彼女のご両親からお手紙をいただきました。中には、彼女が旅立ってしまったという、悲しい現実が書かれていました。

突然のことで、全く信じることができませんでした。

もう彼女の笑顔に会えないの?あの声を聞けないの??なんでもっと、話を聞いてあげなかったのだろう、なんですぐに会いに行かなかったんだろう、なんで大丈夫だと思ってしまったんだろう……と、毎日泣いて後悔していました。

そんな時、この「Best Friend」を、どこかで耳にしました。あ、彼女が結婚式で使った曲だ……。イントロを聞いただけで、涙が溢れました。歌が進むにつれ、その歌詞にまた涙が。

ずっと見守っているからって笑顔で いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に何度助けられただろう ありがとう ありがとう Best Friend

この曲を聞くたびに、今も涙が止まらなくなるのですが、彼女の笑顔を思い出して、前を向いて歩いていきたいと思います。

彼女にとって私は、Best Friendではなかったかもしれません。でも、いつも笑顔で助けてくれた彼女は、間違いなく私にとってのBest Friendです。