平井堅「君の好きなとこ」主人と交際を始めるキッカケになった一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1986年生まれ 大阪府在住 女性 主婦
平井堅「君の好きなとこ」

曲にまつわる思い出

この曲は、現在の主人とまだ交際中の時に大好きになった曲です。

主人と交際する前は、他の人が好きだった私ですが、主人を含め数人の友人とカラオケに行った際、主人がこの歌を熱唱していました。

お世辞にも上手いとは言えない歌声でしたが、直立不動で歌うその姿に、思わず笑ってしまい好感が持てました。

「この曲いい曲やね」と主人に伝えるとCDを貸してくれて、私も他のCDを貸したりして、他の友達よりも段々と親密になっていきました。

そしてついに主人に告白されましたが、私には他に好きな人がいることを伝え、断りました。

608-eyecatch

しかし数日後、また話があると言われて、以前に行ったカラオケ店に呼び出されました。

そして「君の好きなとこ」を選曲し、歌いだしました。

ずっと聞いていると、歌詞を変えて歌っている事に気が付きました。

「片方だけできるエクボ 朝のかすれた声」の部分は「両方にできるエクボ 少しハスキーボイス…」など。(笑)

その時は少し気持ち悪かったのですが、直立不動で一生懸命に私の事を思い浮かべながら替え歌をしてくれたその姿に、私は惹かれてしまいました。

その後、何度かデートを重ねて交際するに至り、3年後にはプロポーズされました。

当時、陣内智則さん&藤原紀香さんの結婚式で、陣内さんがコブクロの歌をピアノで弾き語りをした事が話題になっていました。

その弾き語りを羨ましがっていた事を知った彼は、陣内さんと同じ様に弾いた事がないピアノを練習する決心をし、私の実家にあるピアノで、毎週末に練習していました。

そして結婚式の当日、きちんと弾けるか私の方がドキドキしていました。ついにその時になって出てきたのは、ギターを持った彼。なんとピアノを弾くと見せかけてギターをこっそり練習していたのです。

ギターの弾き語りを見事成功させ、結婚式は大成功でした。

今でも3歳になる子供にこの曲を弾いて聞かせているので、子供も覚えて少し歌えるようになりました。

「君の好きなとこ」は、私たちが交際するきっかけとなり、結婚式でも弾き語ってくれた曲。私にとって忘れられない思い出の曲です。

 

FAKIN' POP

2,100円
(2015.11.01時点)
posted with ポチレバ