「BANGLES 日本公演」感動して涙が出た念願のライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1973年生まれ 大阪府在住 男性 会社員
BANGLES「BANGLES 日本公演」
2003年5月26日 心斎橋クラブクアトロ

セットリスト

  1. eternal flame
  2. egyptian
  3. maniac monday
  4. going down to liverpool
  5. if she knew what she wants
  6. in your room
  7. doll revolution
  8. gravity
  9. 冬の散歩道
  10. ほか

ライブにまつわる思い出

80年代に一世を風靡したバングルス。中学時代に大ファンになり、当時はMTVのビデオクリップを何百回と見たり、辞書を片手にファンクラブに手紙を送ったりしました。

ですが、私が高校の時(1989年)には解散しちゃいました。それから14年経ったある日、雑誌でバングルス再結成の文字が。しかも日本公演を行うことを知った私は、喜びで震えました。

調べてみると、今までに日本でプロモーション活動はした事あるけど、ライブは初めてだとのこと。大阪公演をすぐさま予約しました。

ライブ当日、その日に限って仕事が長引いてしまい、仕事が終わるやいなや、とにかく走りました。職場から駅、駅からライブ会場。全速力でダッシュ。

何とかライブ時間に間に会ったのですが、会場に到着したころには前座が終わり、700人収容の最後尾でした。

とはいえ、こぢんまりした会場ですので、ステージまで10mぐらいと近かったです。メンバーが出てくるなり、感動して涙が出ました。今でも忘れません。

459-eyecatch

注目の1曲目が「冬の散歩道」で、いきなり痺れました。全員がメインボーカルを張れるため、曲が変わるごとに、ボーカルが次々変わるのも素敵です。

コーラスのハモリも最高、プレイもすごかったです。懐かしのナンバーから新曲までと続くなか、途中スザンナホフスのMCがあり、何か言ってたんだけど、英語なので全然分かりませんでした。

やはり会場から「何ゆってるか分からへん!」と言う人がいて、会場に笑いがどっと沸きました。

曲間のMCのあとの合間、お目当てのベーシストのマイケル・スティールに向かって「ミッキー!!」って何度も叫んだら、目が合ってニッコリ笑ってくれました。個人的にはもっとミッキーの曲いっぱい聞きたかったなぁ。

ラストの「Eternal Flame」では、会場のみんなが酔いしれていました。

バングルズの日本公演は、渋谷、名古屋、その日の大阪と来て、ラストは広島でした。広島のライブにも会社休んでいくぞぉー!って思ったんですが、なんと最後の広島公演、メンバーの体調不良が原因で中止になりました。

広島予定されてた方、本当悔しかったと思います。ちなみにその後バングルズはまた解散、再結成してますが、日本公演は2004年の大阪以来、実現しておりません。