スーパーカー「A」失恋を思い出しながら聞いたアルバム

スポンサーリンク

思い出のアルバムとプロフィール

1988年生まれ 北海道在住 女性 会社員
スーパーカー「A」

アルバムにまつわる思い出

スーパーカーの「A」は、私にとって切ない過去の恋愛を思い出させる曲がたくさん詰まった、思い出のアルバムです。

当時社会人になったばかりの私は、2年ほど付き合った同い年の大好きだった彼にフラれて、心底落ち込んでいました。そんな時に出会ったのが「A」という、スーパーカーのベストアルバムでした。

608-eyecatch

「くるり」や、「ナンバーガール」といった90年代を代表する日本のロックバンドと肩を並べていたバンドで、今の音楽シーンにはなかなかないような音楽感に、私はすっかり惹かれてしまいました。

私はこのアルバムの前半部分が特に好きなのです。野暮ったくて荒っぽくて、けど心にそのまま響いてくる切ないくらいのストレートさが、当時の私の心境をそのまま描いているようで、思わず聞き入ってしまいます。

2曲目の「Lucky」という曲は、スーパーカーの大ヒット曲で、お互い想い合っているのに気持ちがスレ違い、それにお互い気づいてしまい終わりを迎えた男女二人の切ない想いを、明るくポップに歌った曲です。

この曲を私は、別れた彼と数ヶ月ぶりに連絡をとることができ、まだ未練タラタラの状態で再会して、お酒を飲んだ後に立ち寄ったカラオケで歌ったことを、今でも覚えています。

3曲目の「PLANET」という曲は、過ぎた恋愛について歌っている曲で、男性目線で、彼女が自分を想う気持ちを優しく突き放すという悲しい曲です。

別れた彼との未練を思い切って断ちたくて、彼との携帯メールのやりとりや写真データ等を削除したあとに、聞いていた曲です。

一つ一つの言葉がまるで別れた彼からの言葉のように私の胸につきささり、泣きながら何回も聞きました。

特に、

二人の仲はどうでも
会いたい
なんて言うのさ。

いう言葉を何度も何度も繰り返し聞いて、そうだ、私たちはもう終わっているんだ、と言い聞かせて未練を断ち切りました。

 

A

2,100円
(2015.10.19時点)
posted with ポチレバ