「14th TOKYO JAZZ FESTIVAL」日本を代表するジャズ好きのためのフェス

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1973年生まれ 山梨県在住 女性 主婦
「14th TOKYO JAZZ FESTIVAL」
2015年9月4日、5日、6日 東京国際フォーラム ほか

ライブにまつわる思い出

学生時代からjazzが好きで、ちょこちょことコンサートには足を運んでいましたが、この「TOKYO JAZZ FESTIVAL」は、今や日本を代表するジャズライブです。

ジャズに興味のない人も、たまにはと行かれるのではないでしょうか?ですがチケットの購入は毎年、あっと言う間に完売です。

会場に入るとまず、アマチュアバンドが所々で演奏をしていて、それだけでもう気分が上がっていきます。屋台などもあって、本当に楽しいお祭りに来たようです。

まぁ、フェスティバルなだけあって、どこまでも人を楽しませてくれるのでしょうか。普段のストレスがこの場に来たとたんに吹っ飛びます。

もちろん席は指定なのですが、ホール内はすし詰め状態で自由に動けないくらいです。チケットをとった時間にもよりますが、私は最初にグッズやファンのアーティストのCDを買ってから、ゆっくりと席に着きます。

席に着いた時には、前のバンドの片付けをしていました。次のバンドの用意をしている様子を見るだけで、もとてもワクワクしてきます。コンサートは1回3時間程度なのですが、毎回違うアーティストが出てくるので楽しみです。

758-eyecatch

「TOKYO JAZZ FESTIVAL」は、複数のアーティストが3日間にわたり毎日違う組み合わせで演奏します。ですので、本当に好きな人は3日間通して来るらしいです。

好きなアーティストや、知っているアーティストの曲を聴くのも良いのですが、このライブを機に新しいアーティストを発掘して帰るのも、楽しみの一つです。

良いなと思ったアーティストは、帰りにCDを購入しました。今年も本当に楽しい時間が過ごせました。