TM NETWORK「QUIT30」年齢を感じさせない充実のアルバム

スポンサーリンク

思い出のアルバムとプロフィール

1975年生まれ 兵庫県在住 男性 会社員
TM NETWORK「QUIT30」

アルバムにまつわる思い出

もうほとんど邦楽のアルバムを買うことが無くなった私が久しぶりに買った邦楽アルバム、それが2014年の10月に発売された、TM NETWORKの「QUIT30」です。

デビュー30周年の記念すべき年に発売された約7年ぶりの新作アルバム、堪能できました。

ここに辿り着くまで、TM NETWORKには様々な紆余曲折がありました。80年代後半〜90年代前半は、日本を代表する3人組の人気バンドでしたが、94年に終了。

その後99年に復活したのですが、既に小室サウンドは下火になりつつあり、ファン離れが顕著でした。

90年代前半よりさらにマニアックな実験的サウンドを重視する方向性も、ファン離れが加速する原因になってしまったと思います。

ソニーグループからも離脱し活動がどんどん縮小していく中、最悪だったのは2008年の小室さん逮捕。私はこの時「ああ、TM NETWORKも終わった…」と思いました。

ですが、2012年にニューシングル「I AM」で再び始動した時は、本当に嬉しかったです。

その「I AM」も収録されたニューアルバム「QUIT 30」は3人共、還暦が近いとは到底思えない、瑞々しく力強いエネルギーに溢れた素晴らしいアルバムでした。

CD2枚組で、1枚目はコンサートを意識した組曲になっており、「宇宙船から地球上を観察する3人の乗組員」という、結成当初の設定を強く意識した内容になっています。往年のTMファンには嬉しい限りのサウンドです。

718-eyecatch

特にアルバムリード曲の「ALIVE」は、非常に完成度の高いサウンドで、耳ざわりのよさと奥深さを両方持ちあわせた珠玉の作品だと思います。

また2枚目は88年のヒットアルバム「CAROL」から6曲のリメイクで、約25年前と現在の宇都宮隆の声質の変化を楽しめます。衰えぬ彼の美声に感動しました。

2枚とも共通して言えるのは、年齢的な衰えを全く感じさせないというところです。ファンを続けていて良かったと思える、大変充実した内容のアルバムでした。

 

QUIT30

2,700円
(2015.09.13時点)
posted with ポチレバ