「THE OFFSPRING JAPAN TOUR 2012」夢にまで見て燃え尽きたライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1994年生まれ 埼玉県在住 女性 事務
THE OFFSPRING「THE OFFSPRING JAPAN TOUR 2012」
2012年 横浜BLITZ

セットリスト

  1. Hurting as One
  2. All I Want
  3. Come Out And Play (Keep ‘Em Separated)
  4. Days Go By
  5. have you ever staring at the sun
  6. original prankster
  7. one fine day
  8. mota
  9. cruising california
  10. hit that
  11. why dont you get a job
  12. diving be zero
  13. slim pickens does the right thing and ride the bomb to hell
  14. youre gonne go far,kid
  15. walla walla
  16. pretty fly(for awhite guy)
  17. want you bad
  18. americana
  19. the kids arent alright

ライブにまつわる思い出

雨の中、オフスプリングのライブに行ってきました。オフスプはもう30年以上も長く続いてきたバンドで、ロック界には欠かせない存在!

私も高校から聴き込んで、オフスプの曲と共に思い出を作ってきたので、ライブにいざ行くぞ!ってなると、ちょっと緊張しました。

会場は横浜ブリッツ。開演少し前に行ったけど、入場者の行列がすごかったです。雨なのにみんなワクワクした顔してます。そりゃそうですよね。

初めは前座で、トータルファットという日本人バンドが出てきました。一言で言うと熱いバンドでした。オフスプライブ見に行ったその日に結成したという、ハードなオフスプファンでした。

情熱的な演奏と共に会場を盛り上げてくれた。ステージ降りたら、なんと二階の客席で一緒にオフスプ観戦!さすがはオフスプのライブがきっかけでバンド。ハードなファンなのです。普通にライブ楽しんでるのが面白かったです。

さぁ、いざオフスプ!出て来ていきなり激しい。(笑)

立て続けに曲が続いて、ずっと激しい。

それでもなんだか自然と前のほうに行ってしまって、野郎たちにもまれて若干死にそうになりました。女一人で挑んじゃいけない!汗が滝のようにでてきました。

だけど、オフスプの曲は全てライブには持って来いで、あがりすぎて辛くらい。楽しすぎて怖いくらい。全員死にそうになりながら踊ってました。

554-eyecatch

中盤、本気で死にそうになったので、「why don’t you get a job?」を歌ってから、後ろに避難しました。そこからずっと後ろで観戦してましたが、オフスプのライブはずっと熱く盛り上がりっぱなしです。

後ろに避難したからといって、盛り上がり方が変わるわけではありません。(笑)

アンコールも、立て続けに三曲。「アメリカーナ」が歌われて、会場は最高潮でした。ドラムイントロで若干のトラブルがあったけど、ご愛嬌。それすらも私たちには楽しかったです。

オフスプのライブは夢に見ていただけあって、苦しいぐらいテンションあがりました。それだけに途中でグロッキーになって、うしろで大人しくせざるを得なかったのが、あとになって悔やまれました。

こんなに大気圏で燃え尽きたライブは初めてでした。大学生の頃の良い思い出です。