Step By Step「New Kids On The Block」ホームステイ先のホストファミリーを思い出す一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1974年生まれ 富山県在住 女性 主婦
Step By Step「New Kids On The Block」

曲にまつわる思い出

高校1年生の夏休み、アメリカのインディアナ州にある姉妹校の生徒のお宅にホームステイに行きました。初めての海外、飛行機に乗るのも初体験で、とにかくワクワクドキドキに出発しました。

空港に到着すると、私の名前を書いた紙を持ち、迎えてくれるホストファミリーがいました。お父さんは歯科医、お母さんは主婦、娘2人の家族でした。

私は夏休み中に不在であった、お姉さんの部屋を借りる事となりました。まるで映画の中のような素敵なお部屋、壁紙も家具も小物も本当に素敵で憧れそのものでした。

今は日本の住宅も輸入住宅や洋風な家が多いですが、当時は まだまだ和風な家に住んでいる家族が多かったので、毎日が本当に夢のようでした。

私の使わせてもらう部屋のものは、なんでもご自由にと言ってくれたので、ベットわきのチェストの上に置いてあったCDラジカセを付けてみました。

ラジオから流れる言葉、音楽、勿論の事ですが全て英語。さっぱり理解できませんでした。私は英語が堪能だからホームステイに行けたのではなく、たまたま学年で2名しか立候補しなかったから参加できたんです。

703-eyecatch

中学生で習うレベルしか分からなかったので、ただ音としてボーっと聴いていました。その時、ラジオから「Step By Step」が流れたのです。なんとワクワクするような、それでいて聴きやすくノリの良い曲なのかと嬉しくなりました。

DJが「New Kids On The Block」と言ったので、翌朝、ホストファミリーに言ってみました。当時、若者たちに爆発的な人気のアイドルグループだという事がわかりました。

お母さんはショッピングモールの中にあるレコード屋さんに連れて行ってくれ、「Step By Step」のCDをプレゼントしてくれました。嬉しくて、何度も何度も繰り返し聴きました。

「New Kidsの中で誰が好き?」と聞かれ、CDジャッケットに写るメンバーの一人を指さすと、お母さんは「とってもキュートな瞳だものね」とニッコリ笑ったのを思い出します。

今でもたまに、この曲を耳にすることがあります。もう20年以上も前になったんだなぁと しみじみ思いホストファミリーを思い出します。

 

Step by Step

9.99USD
(2015.09.05時点)
posted with ポチレバ