広瀬香美「Dear…again」遠距離恋愛の会えない淋しさを代弁する応援ソング

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1984年生まれ 福岡県在住 女性 主婦
広瀬香美「Dear…again」

曲にまつわる思い出

私の思い出に残っている曲は、広瀬香美さんの「Dear…again」です。

大学を卒業した頃に、好きな人ができました。ですが、彼の仕事の都合上、名古屋と埼玉での遠距離恋愛をすることになったのです。

彼より私の方が「好き好きオーラ」を出していたので、月に一度しか会えないことをつらいと感じていました。遠距離恋愛だから仕方のないことなんだけど、もっと会える時間が増えたらいいのになぁと、いつも思っていました。

そんなある日の夜に、テレビで音楽番組をやっていました。季節はすでに冬で、冬に聴きたくなる名曲特集をやっていました。そこで広瀬香美さんがゲスト出演されていました。

それまではなんとなくぼんやりとその音楽番組を見ていたのですが、広瀬香美さんが「Dear…again」を歌う姿を見て、自然と溢れ出る涙が止まらなくなりました。自分でもびっくりしました。

70-eyecatch

この歌の主人公の女性も遠距離恋愛をしていて、会いたいのに会えないことが寂しい、でも中途半端に電話でもかけてしまったら声を聞いただけで泣いてしまうんじゃないか、といった歌詞に自分が重なっていました。

そして、歌詞の中に「クリスマスまでには間に合うように私の元へ帰ってきてね」という箇所があるのですが、そのサビのところでさらに号泣です。

どうしてこんなに私の気持ちを代弁してくれるのだろう、なんて素敵で泣ける歌詞なんだろう、広瀬香美さんてすごい!と思うようになりました。

広瀬香美さんは、元気でテンポの速い曲が多いイメージでしたので、そのギャップもあったんだと思います。その日を境に私は、この「Dear…again」ばかりを聴いていました。

それからは、遠距離恋愛もあと少しの辛抱だし、ずっとこの状況が続くわけではないし、と思ったりして気を紛らわすことができたきっかけになったと思います。

ほかにも遠距離恋愛を歌った曲をいろいろと聴いてはみたのですが、聴いた瞬間に涙を溢れるように流したのは、後にも先にもこの曲だけです。

この彼には、後に振られてしまったのですが、この曲が私のことををずっと応援してくれているような気がして、この曲と出会えて良かったと、心からそう思いました。

 

DEAR . . . again - Single

500円
(2014.12.06時点)
posted with ポチレバ