Acid Black Cherry「TOUR『2012』」すべての人に感謝したライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1987年生まれ 静岡県在住 女性 主婦
Acid Black Cherry「TOUR『2012』」
2012年5月23日 静岡市民文化会館

セットリスト

  1. 〜until〜
  2. doomsday clock
  3. ピストル
  4. CRISIS
  5. 罪と罰〜神様のアリバイ〜
  6. 指輪物語
  7. 〜the day〜
  8. Fallin’ Angel
  9. in the Mirror
  10. イエス
  11. so…Good night.
  12. チェリーチェリー
  13. Re:birth
  14. 少女の祈り
  15. 少女の祈り3
  16. SPELL MAGIC
  17.  

    EN1

  18. 冬の幻〜Acoustic version〜
  19. 君がいるから
  20. その日が来るまで
  21. シャングリラ
  22. 〜comes〜
  23.  

    EN2

  24. 20+Century Boys

ライブにまつわる思い出

Acid Black Cherryのツアーは私にとって生き甲斐です。Acid Black Cherryがデビューした2008年のデビューライブから今年2015年まで毎年欠かさず行っています。

夜勤明けでも、出産して1ヶ月経っていなくても、チケットが取れなければ友達経由で必ずです。そんな数々行ったライブの中で1番心に残っているのが、静岡市民文化会館で行われた、TOUR『2012』のライブです。

ツアーが発表され、もちろん私はチケットの申し込みをしました。結果は当選でしたが、その時妊娠5ヶ月でした。

Acid Black Cherryはビジュアル系バンドなのでヘドバンなんて当たり前で、周りからは「安定期に入っていないんだからやめろ」と言われていました。

私もお腹の子供の事を考え悩んでいましたが、ライブの2週間前に届いたチケットの番号がなんと最前列でした。

このライブを逃したら絶対に後悔すると思い周りを説得し、結果、旦那付き添いの元なるべく安静にしているのを条件に、ライブに参加できる事になりました。

637-eyecatch

ライブ当日、体調管理もしっかりし、何かあったらすぐに帰る約束もしました。会場が暗くなり、観客の歓声が上がった時は座ったままとてもドキドキしたのを覚えています。

そして静かに曲が始まりました。最前列で見るライブは最高でした。いつもは雑誌やテレビやDVDの中でしか会えないのに、今目の前にyasuがいる…。とても幸せで、涙が止まりませんでした。

そんな私を見て旦那は、「連れてきてよかった」と思ったそうです。

ライブ中は何度もyasuと目が合い、笑顔をくれ、アンコールではハイタッチや手渡しでギターのピックを受け取る事が出来ました。旦那はツアーグッズのコンドームを貰っていました。

幸せな時間はあっという間に過ぎていきました。

この幸せな時間が過ごせたのはツアーを開催してくれたyasu、チケットを当選させてくれた運営会社、そして私の体を心配してライブまでついてきてくれた旦那と、ライブ中何事もなくいてくれたお腹の赤ちゃんのおかげでした。

感謝してもしきれないくらい幸せで、大事な思い出のライブになりました。