「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」全員参加型の感動的なライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1991年生まれ 岐阜県在住 女性 会社員
L’Arc〜en〜Ciel「L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」
2014年3月21日、22日 国立競技場

セットリスト

  1. CHASE
  2. SEVENTH HEAVEN
  3. REVELATION
  4. GOOD LUCK MY WAY
  5. BLESS
  6. HONEY
  7. winter fall
  8. NEXUS 4
  9. READY STEADY GO
  10. metropolis
  11. 未来世界
  12. 火葬
  13. MY HEART DRAWS A DREAM
  14. the fourth avenue cafe
  15. XXX
  16. shade of season
  17. Drink it down
  18. EVERLASTING
  19. Blame
  20. Caress of venus
  21. Driver’s High
  22. Link
  23. あなた

ライブにまつわる思い出

2014年3月21日・22日の二日間、L’Arc〜en〜Cielが国立競技場で2度目のライブを開催しました。この当時、大学4年生だった私は、学生生活最後のライブということで、非常に楽しみにしていました。

メンバーがそれぞれのソロ活動を活発にしており、前回のL’Arc〜en〜Cielのライブから1年以上の間がありました。待ちに待った、メンバー4人でのライブでしたので、1か月前からワクワクしていたことを覚えています。

高校2年生からL’Arc〜en〜Cielを好きになり、SNSやオフ会を通して知り合ったファンの友達と行けたことも楽しみだった一つの理由です。

L’Arc〜en〜Cielのライブでは、ファン同士でお菓子や差し入れなどを交換するのがわりとよく見られる光景です。ライブ前のこうした交流も、ライブより楽しくさせてくれます。

3月の野外といううことで、大分肌寒かった記憶があります。今回のライブは全員参加型、ということが事前に発表されていました。入場してすぐ、来場者全員に半透明のポンチョが配られます。

そして席には、LEDライトが組み込まれたバンドがおいてあり、これら二つはライブ演出で使われる、とのことでした。

メンバーの登場方法も毎回のライブの楽しみです。前回は黄金のソファにのった4人がマーチングバンドと共に登場し、聖火点灯というインパクトのある登場でした。そして今回は、近未来風の映像が流れた後、4つのカプセルからメンバーが登場しました。

会場は大盛り上がり!「CHASE」「SEVENTH HEAVEN」というアップテンポの曲でボルテージは高まり、「REVELATION」の掛け声で会場が一つになります。そこからは定番の曲からバラード曲まで、どの曲でも会場は大盛り上がりでした。

日が落ちて辺りが暗くなった後、先ほどのポンチョとLEDバンドの登場となります。ポンチョは会場全体を使ってプロジェクションマッピングをするため、LEDライトは遠隔操作されており、ブロックごと・曲ごとに様々な色に変化します。

特に感動したのは、会場の観客で「L’Arc〜en〜Ciel」という文字が作り出されたこと。今の国立競技場でライブが行えるのは最後ということで、この場に大好きなバンドの名が浮かび上がったことに胸が熱くなりました。

「MY HEART DRAWS A DREAM」や「あなた」で会場全体が歌い、彩られ幻想的な空間でした。「あなた」の合唱後、7色の風船と大規模な花火が打ち上げられライブは終演です。

623-eyecatch

久しぶりにL’Arc〜en〜Cielのライブに行けたこと、現在の国立競技場で最後の単独ライブを行えたこと、大好きな仲間と大好きな音楽を共有できたこと。

このライブでは、たくさんの思い出を作ることが出来ました。