Hi-STANDARD「Making The Road Tour」汗だくになって楽しんだ最高のライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1979年生まれ 兵庫県在住 女性 事務
Hi-STANDARD「Making The Road Tour」
1999年10月09日 ZEPP東京

ライブにまつわる思い出

AIR JAMを開催しなくなって数年経ち、ハイスタンダードのライブに行きたくても行けない状態だった中、久しぶりに出たオリジナルアルバム「MAKING THE ROAD」のツアーでした。

友人数名とチケット発売日にチケットぴあに電話をかけまくって、8枚ほどチケット入手しました。全曲ソラで歌えるくらい聞き込んで、バンドをやっていたので、ベースを担当していた自分のパートもだいたい弾けるくらいでした。

当日はグッズ購入のため開演時間よりだいぶ早く会場に行きました。季節は夏ではなかったと思いますが、半袖にタオルを巻いて数時間、ワクワクしながらライブが始まるのを待ちました。

一緒に行った友人とはライブ中はバラバラになる想定で、ライブ後に落ち合う集合場所を決めました。実際ライブ中は友人を1回見かける程度で、お互い好き勝手に楽しんでいました。

セットリストはアルバム内の曲がメインでしたが、その他のハイスタの人気曲ももれなく演奏してくれた記憶があります。

610-eyecatch

盛り上がっているうちにどんどん会場の前方中央へ押し流されて、人に押しつぶされそうな状態で1時間くらい汗だくになっていました。

中盤あたりからは人ごみすぎてライブを「楽しむ」という感じではなくなるレベルでした。早く次の曲をやってほしい!と思うと同時に、ちょっとおとなしい曲で休憩させてほしい…と思ったりもしました。

アンコールの頃にはたくさんアンコールやってくれて嬉しいというより、早くライブが終わってほしいとさえ思いました。それくらい会場全体が盛り上がっていました。

ライブ後も興奮覚めやらないキッズ達がなかなか帰宅せず、友人との待ち合わせ場所にたどり着くまでだいぶ時間がかかってしまいました。汗だくで絞れるほどになったツアーTシャツは、人目も気にせずロッカーエリアで着替えました。

本当に最高のライブでした。ライブ後になんとなく仲良くなったグループとは、その後も交流が続きカップルができたりしました。

もうだいぶ前のライブですが、今だに鮮明に覚えています。

 

MAKING THE ROAD

2,000円
(2015.07.19時点)
posted with ポチレバ