「GLAY EXPO’99 SURVIVAL」お祭り騒ぎだった20万人ライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1983年生まれ 神奈川県在住 女性 主婦
GLAY「GLAY EXPO’99 SURVIVAL」
1999年7月31日 幕張メッセ特設駐車場ステージ

セットリスト

  1. HAPPY SWING
  2. 口唇
  3. グロリアス
  4. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  5. More than Love
  6. サバイバル
  7. 生きてく強さ
  8. Yes, Summerdays
  9. summer FM
  10. INNOCENCE
  11. Freeze My Love
  12. HOWEVER
  13. ここではない、どこかへ
  14. LADY CLOSE
  15. TWO BELL SILENCE
  16. MISERY
  17. 誘惑
  18. COME ON!!
  19. ACID HEAD
  20.  
    <アンコール>

  21. I’m yours
  22. BE WITH YOU
  23. I’m in Love
  24. 彼女の“Modern…”
  25. ビリビリクラッシュメン
  26. BURST

ライブにまつわる思い出

お祭り騒ぎだった。

当時人気絶頂だった、GLAYの20万人ライブチケットが当選。ライブ当日、私は始発電車で幕張へ向かった。東京駅で京王線に乗り換えると、早朝だというのに車内は混んでいた。

私の近くでは20万人ライブの単発のアルバイトをする男の集団がいた。年は19歳位。いかにもチャラそうなギャル男。ギャル男達は電車の床にあぐらを書いて座っていた。

こんなマナーのない人達がライブでバイトするのかと思うと、先行きが不安になった。

会場に到着すると既に行列が出来ていた。辺りはGLAYのコスプレをしている女の子がたくさん居た。ここから会場に入れるようになるまでかなり時間がかかった。

この日は夏の暑い日だった。会場は野外。会場入り出来たがライブ開始時間まではまだ時間がある。熱中症にならないようこまめに水分をとった。

始発電車に乗るために早起きをしたので、ライブ開始時間には既に疲れきっていた。近くにいたGLAYのコスプレをしている子のアクセサリーが体に当たって痛い。

583-eyecatch

前の方で観れたので、GLAYのメンバーがはっきり見えた。teruさんはテレビで見るよりガッチリしてた。シュッとしたイメージを持ってたけど、実際は明るそうな人に見えた。

takuroさんは、とにかく身長が高い。大きいイメージ。hisashiさんはクールな印象を持ってたけど、生で見ると肌が白くて優しくて温厚そうに感じた。jiroさんはテレビで見たまま。とても格好良かった。

ライブ終盤に差し掛かる。曲は「BE WITH YOU」。この曲で会場は感動的な雰囲気になり、一体感が増した。teruさんの枯れてる声で一生懸命歌う姿に泣いた。

このライブに参加出来て良かったと思った。