MIKA「Happy Ending」旅立ちの時にいつも流れていた一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1986年生まれ 北海道在住 女性 会社員
MIKA「Happy Ending」

曲にまつわる思い出

私は学生時代に海外に興味を持ち、アルバイト先で世界一周船の旅のポスターを見つけ、これに乗ろうと決めました。

そのポスターには、ボランティアスタッフとしてボランティアをすると船代が割引になると書いてありました。

私は早速ボランティアスタッフになって街中で街頭募金をしたり、世界一周船の旅のポスターをお店に貼って貰うように営業活動をしたりして、1年間過ごしました。

ボランティアスタッフになった事で同じ目標に向かって一緒に頑張れる仲間ができ、毎日割引を貯めていました。そして夜になると、仲間達と飲んで騒いで語ってを繰り返しました。

そして1年後、私は横浜の大桟橋からついに世界一周に旅立つ事が出来ました。この「Happy Ending」という曲は、船が大桟橋から出航する時に出航曲としてかかっていた曲です。

547-eyecatch

この曲がかかり、船が出発し始めた時、ボランティアスタッフとして頑張ってきた1年間の様々な思い、辛かった事や楽しかった事、嬉しかった事などが思い出されて涙が出ました。

頑張ってよかった。あきらめないでよかった。真剣に頑張った分だけ楽しめるんだ、そのような気持ちになった事を、今でも覚えています。

未だにこの曲を聴くと当時の事を思い出し、ホロリと涙が出ます。

またこの「Happy Ending」という曲は、私が乗った船の出航曲として、世界一周中どこの港から出発する時も流れました。

ある国では地雷問題に悩み必死に勉強したり、ある国では世界遺産に感動して涙が出たり、ある国ではテレビでしか見た事がなくて実感のなかった紛争問題を目の当たりにしたり、ある国では人の優しさに触れたり。

世界一周中も色々な事を体験し、色々な事を感じました。どの国の港を出発する時も「Happy Ending」の曲が流れると、その国で見た事や感じた事を思い出して、感極まって泣いていました。

私が生きてきた人生の中で、この世界一周という体験は1番強烈な出来事で、この「Happy Ending」という曲も、私の中では本当に思い出の1曲です。

今でも当時を思い出したい時はこの曲を聴いています。この曲を聴くと感極まります。

この先長い人生の中で、私はこの曲とこの体験を忘れる事はないでしょう。

 

Life In Cartoon Motion

900円
(2015.06.25時点)
posted with ポチレバ