部活の先輩への告白の後押しになった曲 DREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1976年生まれ 愛知県在住 女性 専業主婦
DREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」

曲にまつわる思い出

私にとって思い出の一曲と言えば、ドリームズカムトゥルーの「決戦は金曜日」です。

高校一年生の時に、部活の一つ年上の先輩のことが好きになりました。それまで男の子のことを「いいな~」程度は思っても、「好き」というちゃんとした感情を持ったことが無かったので、初恋だったと思います。

その先輩とは仲も良く、他愛もないおしゃべりをする時間がとても好きでした。学年が違うので、会えるのは基本的には部活の時間のみ。

それでも、たまに階段や廊下ですれ違ったり、見かけたりするのが本当に嬉しくて、学校に行くのが本当に楽しかったです。

先輩に部活以外で会えた日は、一日すごくハッピーな気分で、逆に先輩が学校を休んだりして会えなかった日は、すごくつまらなくて。友達も巻き込んで、キャーキャー言っていた時間がとても楽しかったなと思います。

それまでの関係がギクシャクするのが嫌だったので、告白は考えていなかったのですが、友達に背中を押され、一大決心して告白しました。

告白はバレンタインのチョコレート(一応義理っぽく渡す)に手紙を入れて…という形にしたのですが、その「決戦」の日が金曜日だったこともあって、告白を決めてからずっと、何度も何度も繰り返し聞いたのがこの曲です。

”あなたのこと どんどん好きになってくる”
”これだけは 言わずにいられない”

という歌詞が、まさにその時の自分の気持ちにピッタリで、何というか、この曲にすごく親近感を覚えました。

振られてギクシャクしたらと考えると、やっぱり先輩が卒業するまで先延ばしにしようかと思って弱気になったりもしたのですが、

”ダイジョウブ 三回手のひらになぞって飲み込む”

という歌詞もあるように、言わなきゃこのまま終わっちゃうし、そこそこモテる人だったので、彼女ができちゃうかも!と、自分を一生懸命勇気づけていました。

何度も何度もこの曲を聴いて、心臓をドキドキ言わせてたな~。

あれからもう20年以上も経ちますが、この曲を聞くとあの時の自分や、ドキドキしてた気持ちが鮮明に蘇ってきます。