東京事変「Bon Voyage」期末テストそっちのけで観に行ったラストライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1994年生まれ 大阪府在住 女性 大学生
東京事変「Bon Voyage」
2012年2月22日 大阪城ホール

セットリスト

  1. 生きる
  2. 新しい文明開化
  3. 修羅場
  4. 丸ノ内サディスティック
  5. 閃光少女
  6. 群青日和
  7. アイスクリームの歌
  8. 女の子は誰でも
  9. シーズンサヨナラ
  10. 青春の瞬き
  11. 今夜はから騒ぎ
  12. sa_i_ta
  13. タイムカプセル
  14. 怪ホラーダスト
  15. キラーチューン
  16. 御祭騒ぎ
  17. 絶体絶命
  18. 透明人間

ライブにまつわる思い出

大好きな東京事変が解散することになって、ファンクラブに入りチケットを入手。高校時代はお小遣いもそんなにもらっていなかった為、大学生になったらアルバイトをしてたくさんライブに行こうと思っていたが、解散するとなれば今行くしかない。

ということで貯めてきたお小遣いをつぎこんだ。期末テストの時期だったが、私には東京事変の方が大事。テスト勉強なんて放置して、朝から大阪城ホールに、グッズを買い求めるために並んだ。

朝から並んだのだか、すでに長蛇の列ができていた。ひとりで行ったので寒い中とても暇で寂しかったのだが、横の大学生のお姉さんが話しかけてくれた。

本当に奇跡的に、その人は私が志望校としている大学の方だった。東京事変が好きということと、その方の大学の話をして、初めて会ったのに全然長く感じなかった。

当時はmixiが流行しており、東京事変が好きな人ばかりを集めた掲示板のようなもので交流があった人達と集まって、集合写真を撮ったりもした。(それきり誰とも音沙汰はない。)

そしていよいよライブ。席は2階のステージ真正面。イコール1番遠い。遠すぎて全然顔とか見えないけど、双眼鏡を持って行ったのでそこは問題なし。

音楽が流れ、幕が上がる。林檎さんが見えたその瞬間、私は泣いていた。でも必死に耳をすませて音を聞いた。確か「生きる」だったようなきがする。

「新しい文明開化」は、当時軽音部だった私はコピーをしていた為、とてもテンションが上がった。必死に当日グッズ販売で購入した手旗を振った。横の人は一切手旗も振らないしノラないので、私だけノリノリでなんだか気が引けた。

526-eyecatch

一曲一曲、会場は大盛り上がりで、「ライブってこんな感じなんだぁ」って、しみじみと感じていた。曲の転換も早いし、ガラッと雰囲気も変わるところが東京事変のプロ意識だなと感じた。

MCもほとんどなく、ライブは進んでいった。他の地域では「某都民」という曲をやっていたところを、大阪の公演では「丸ノ内サディスティック」だった。

「某都民」の一部で、東京!と叫ぶところを大阪!って叫ぼうと意気込んでいたので、少し寂しかった。でも衣装も全部全部可愛くて、望遠鏡で見てメロメロだった。

最後の曲は、私が一番大好きで、軽音を始めるきっかけにもなった「透明人間」だった。アンコールでの演奏だった。歌詞に、

またあなたに逢えるのを楽しみに待って
さようなら

という部分がある。

きっと東京事変はいつか復活するだろうと、数年経った今でも私は期待している。

 

東京事変: Bon Voyage

3,000円
(2015.06.16時点)
posted with ポチレバ