Aqua Timez「決意の朝に」自分の道を信じることができた一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1988年生まれ 熊本県在住 女性 自営業
Aqua Timez「決意の朝に」

曲にまつわる思い出

私の高校は進学校ではではなく、受験シーズンになっても勉強モードにならず、周りは遊びまわってる状態。大学を目指してる人もおらず、そんな中で勉強するのはとてもきつく、しんどい状況でした。

授業は崩壊状態の学校のため、漫画を読んだり音楽を聞いたりお菓子食べたりする、いわゆる落ちこぼれ学校。自分はなんでここにきたのか?と、後悔したこともありました。

そんな学校行くのがいしんどいなぁと感じている中、偶然つけた朝のテレビ番組のエンタメ情報で、アニメ映画が紹介されていました。

内容の紹介だったんですが、私はその番組のBGMに心を癒されたのを覚えています。

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ
僕達は強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは
崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためだけど

この歌詞を聞いた時に、思わず唇をかみしめてしまいました。

当時の私の心境は、「なんで私だけ勉強しないといけないの?する意味は?私も友達と遊びたいしハメもはずしたい。自分はあなたたちとは違う!じゃないと勉強なんかできない!」

まるでコップのお水があふれそうな、ぎりぎりな心境立ったことを覚えています。

今だからこそAqua Timezはみんなが知っているアーティストになりましたが、当時はまだ知らない人も多く、私が「この曲は売れる!」と言っても、誰も相手にしてくれませんでした。

511-eyecatch

私はこの曲があったからこそ、ときには人に頼ったり、自分の道を信じて旅路を歩いて行けばいい。間違えて途中でも又やりなおせばいい。誰かに頼ってもいいんだ。

と。心から思えるようになりました。ホントにきつい時は学校の通勤時間や自習の時、部活の時空き時間があればこの曲を聞いていました。

私のつらい時の応援ソングです。いまだにカラオケでは私の十八番になっています。

今ではブームを過ぎましたが、仕事できつい時、プライベートで参っているときにも無意識にこのAqua Timezの「決意の朝」を聞いています。

 

風をあつめて

2,100円
(2015.06.09時点)
posted with ポチレバ