乃木坂46「気づいたら片想い 全国握手会ミニライブ」人気メンバーも登場した期待以上のライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1992年生まれ 千葉県在住 男性 会社員
乃木坂46「気づいたら片想い 全国握手会ミニライブ」
2014年4月13日 幕張メッセ

セットリスト

  1. overture
  2. 気づいたら片想い
  3. 生まれたままで
  4. MC
  5. 孤独兄弟
  6. ダンケシェーン
  7. MC
  8. 吐息のメソッド
  9. ロマンスのスタート
  10. 気づいたら片想い

ライブにまつわる思い出

昨年の4月に初めて乃木坂46の握手会に参加しました。ライヴとは言ってもミニライヴなので、あまり期待はしていませんでした。

しかし、メンバーの秋元真夏と堀未央奈の「影ナレ」が始まった途端、私は興奮が止まりませんでした。

メンバーが入ってきたとき、顔がとても小さかったですが、大きなスクリーンでその状況を見ることができました。

私はあまり、アーティストのライヴに行ったことがありません。今回初めて大きな会場でライヴを見て、その会場にあるカメラやスクリーンにも魅了されました。

カメラマンさんって大変だなあと思いました。

501-eyecatch

話をライブに戻します。最初の「気づいたら片想い」。これは私がその当時、何回も何回も聞いていた大好きな一曲です。

また、最後の転調もすごく好きでした。ライヴではヘットホンで聞くときよりも100倍、迫力がありました。ステレオから流れる大きな音に最初はびっくりしましたが、とても魅了されました。

また、ライヴを見ている他の人たちはいわゆるオタ芸というのを披露していました。かなり盛り上がっていたので、私も大きく声を出して、盛り上がりました。

このライブは、カップリングで知らなかった曲を知るきっかけにもなりました。特に橋本奈々未と白石麻衣が歌った「孤独兄弟」、軽やかなメロディーの「吐息のメソッド」、元気でノリノリな「ダンケシェーン」はライヴから知って好きになりました。

MCでは特に2期生の自己紹介が面白かったです。だれだったか忘れてしまいましたが、この日のライブのために「14時間ぐらい寝た」というメンバーがいました。

とても可愛らしくて、頑張っているなって微笑ましくなりました。

最後には、「ロマンスのスタート」という僕の本当に本当に大好きな曲を披露してくれました。本当に胸が高まりました。あの曲調は今でも癖になります。

そして、このライヴで一番といってもいいぐらい印象に残ったことは、松井玲奈が登場したということです。乃木坂との兼任が決まったという話は聞いてはいたのですが、まさか来てくれるとは思いませんでした。

AKB48グループの中でもとても人気のメンバーなので、あそこに松井玲奈がいると思うととてもうれしくなりました。

という感じでライヴは終わりました。乃木坂のことをより好きになったライヴでした。

 

透明な色

2,800円
(2015.06.04時点)
posted with ポチレバ