高垣彩陽「Memoria×Melodia」彼女の魅力が凝縮されたコンサート

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1975年生まれ 広島県在住 男性 会社員
高垣彩陽「Memoria×Melodia」
2011年12月18日 東京国際フォーラム ホールA

セットリスト

  1. 君がいる場所
  2. Be with you
  3. 光のフィルメント
  4. All around me
  5. 私だけの空
  6. Amazing Grace
  7. The Rose
  8. たからもの(ストリングスVer)
  9. Defying Gravity
  10. Meteor Light
  11. 月のなみだ
  12. Time To Say Goodbye
  13. Oh Happy Day
  14.  
    アンコール

  15. キミが太陽(ストリングスVer)
  16. 祈り
  17. あんなに一緒だったのに
  18. dear-dear DREAM
  19. You Raise Me Up

ライブにまつわる思い出

彩陽さんのソロライブへの参加は、このライブが初めてでした。ユニットでのライブは何度か参加していて、そのときに歌われたソロ曲で、すっかり虜になってしまってしまいました。

そしてこのライブは、ライブ本編とは別にもうひとつ、エピソードがあります。

あまり楽しいものではないのですが、開演・ホールの開放が遅れてしまい、国際フォーラム ホールAのロビーに、人が溢れかえる状態になってしまいました。

ライブでホールに入れず、ロビーで待機させられるなんて、初めての体験でした。とはいえ、ライブ本編はそれほど極端に遅れる事なく開始して、無事に終わりました。今となってはいい想い出といえるでしょうか。

さて、ライブ本編の想い出ですが、初めてガッツリと彼女の歌が聴けるという事で、それだけでも凄く充実した時間を過ごすことができました。

ライブのメインとなるのは、発売されたばかりのカバー観にアルバム「Memoria×Melodia」からの曲です。

その他には、オリジナル楽曲や、声優として活動している彼女であるからこそのキャラクターソングであったり、ゆかりのあるアニメ作品の楽曲で構成されていました。

バックバンドにはストリングスも入っていて、ライブというよりもしっとりと聴かせるコンサートでした。

殆ど座った状態でゆったりと彼女の歌声に耳を傾け、歌っている時とはまた違う面が出るMCでは、面白い事を言ったりして笑わせてもらいました。

459-eyecatch

そうそう、このライブで始めてスタンディングオベーションを体験しました。

私はこれまで100回を越えるライブに参加してきましたが、歌を聴いて感動し、自然と拍手をして立ち上がるということはは、このライブだけでした。スタンディングオベーションって、ホントに自然に出てくるものなんだなと思いました。

あの時の鳴り止まない拍手・歓声は今でも思い出せます。

楽曲単体ですと、個人的に思い入れが強いのは「Be with you」でしょうか。出だしのファルセットの部分が強烈で、そこですぐに引き込まれ、「うわー凄いなー、彩陽さん」って思って、感動してしまうのです。

この楽曲はシングルのカップリングではあります、とても良い曲で、生で一度聴きたいと強く思っていたので、凄く嬉しかった記憶があります。

ライブは全部で18曲と、曲数は極端に多くはありませんが、彼女の魅力がギュギュッと凝縮されている、素敵な時間でした。