若い頃の自分を思い出し胸がいっぱいになる曲 EXILE「ただ…逢いたくて」

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1985年生まれ 愛知県在住 女性 主婦
EXILE「ただ…逢いたくて」

曲にまつわる思い出

この曲、「ただ…逢いたくて」と出会ったのは、ある寒い日の、外から聞こえるBGMでした。
たしか、オアシス21という名古屋の観光スポットができたころに、彼氏とデートに行った時の事だったと思います。

そのころ、当時の彼氏とは一年と少し経ったころでした。
彼氏とは、大学の先輩後輩といった関係で、ちょうどあまり上手くいっていませんでした。

なぜ、上手くいっていなかったと言いますと、私が子供すぎたんだと思います。

この曲のように、ただ、逢いたい。その気持ちが強く、彼氏をよく困らせていました。
でも、何度も受け止めてくれていました。

しかし、あまりにも私がわがままだったため、別れようかという話もちらほらあったりしました。

その日も多分たわいもない喧嘩をしたんだと思います。
険悪な雰囲気になりながら、オアシス21を歩いていると、BGMが流れてきたのです。

それがこの曲、EXILEの「ただ…逢いたくて」でした。

その曲は失恋の曲だったのですが、少し自分の気持ちにも投影され、ただ逢いたいだけなのにな、どうしてうまくいかないのだろう、と切なくなったのを覚えています。

ちょうど寒い日だったのもありますが、切ない気持ちに拍車がかかり、やるせない気持ちになりました。

こんなんじゃいけないと思い、彼と仲直りをしました。

いつも仲直りは私からなので、いつものように自分が悪くても悪くなくても謝っていましたね。

彼はどうしても謝るのが下手だったというのもあります。ごめんが言えないんですよね。男性はよくあるみたいで、女同士の話では、共感を持ってもらえます。

この曲を冬に聞くことがあると、若かった自分を思い出し、何とも言えない気分になります。もう少し辛抱強くなれていたら、そんな思いでいっぱいになります。

若いということが全ていけなかったのですが、彼とはその後、別れてしまい、この曲を聴くと、少し感傷に浸ってしまいます。

我慢というのも大事だと今なら言えるので、そんな気持ちになる一曲です。