「BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN」親友の大切さを改めて感じたライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1980年生まれ 福岡県在住 女性 アパレル
BIGBANG「BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN」
2012年6月23日 マリンメッセ福岡

ライブにまつわる思い出

このライブには、親友と行きました。中学生のころからずっと友達で、とても仲のよい友達でした。

中学のころは喧嘩も絶えず、仲直りしたり、また喧嘩したりの繰り返しでした。高校も同じだったのですが、高校では喧嘩もなくなり、本当に一番の友達でした。

いつも一緒で、学校が休みの日にはずっと遊んでいました。時にはライバルで、時には家族のような関係でした。

そして高校を卒業して、私達は別々の仕事に就職しました。今までで一番、「彼女の事を大切な親友だ、一生大事にしよう」と思った理由は、私がずっと付き合っていた彼氏と別れた時です。

仕事にも行きたくなくなり、本当に悩んでいました。すると、家に会いにきてくれて、ずっと励ましてくれて、本当に感謝しました。

夜寝るまで電話してくれたり、長文の励ましメールを送ってくれたり、今の仕事を続けてこれたのも、彼女のおかげです。

415-eyecatch

私はあまりアーティストや芸能人を好きになるタイプではありませんでした。でもその親友は「BIGBANG」というアーティストが好きで、私によく画像を見せたり、曲聞かせたりしてきました。

最初はあまり好きではなかったのですが、よく聞くといい歌詞の曲ばかりで、いつの間にか私も本当に好きになっていました。そして2012年に、BIGBANGが大きなコンサートをすると聞いて、二人で飛んで喜びました。

コンサートのチケットを買って、二人でコンサートに行くのは、意外にも初めてでした。会場に入ると、BIGBANGのコスプレの方が多くて、今度行くときは、コスプレしていこうねと約束しました。

私たちの一番好きな曲は、「Fantastic Baby」です。ノリノリで、楽しい気分になり、二人でよく曲をかけて踊っていました。この曲は、本編でもアンコールでも歌ってくれました。二回も聞けてうれしかったです。

周りのファンのみなさんも、ライブが始まると踊ったり騒いだりして、コンサートという感じではなく、みんなが自分を表現する場所みたいで、とても新鮮で衝撃をうけました。

二人でたくさんはしゃいで、中学・高校時代を思い出しました。あの時は、喧嘩もよくしていたなとか、辛い事たくさんあったなとか、あの頃は本当に楽しかったなとか。

その当時は、きっと辛い事ばかりだったと思うし、喧嘩もしょっちゅうだったけど、今は辛い思い出なんてちょっとしか思い出しません。すべてが綺麗で、楽しかった思い出しか残らないんだなと、その時思いました。

喧嘩するほど仲がいい。これは本当だと思います。喧嘩するほど相手の事を知ってるし、相手の事を気にしているし、相手の事が好きなんだと思います。

ライブが終わって、二人の記念写真を撮りました。この写真もいつか、懐かしいと思う頃がくるんだろうなって思いました。

中学からの大親友とのライブは本当に楽しくて幸せでした。改めて親友は大切だなと感じさせられました。BIGBANGも、親友も大好きです。

このライブは、親友のありがたさもわかることのできた、思い出のライブでした。