忘れられないWANDSのライブレポートとその思い出

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1976年生まれ 福岡県在住 女性 主婦
WANDS
大阪厚生年金会館

ライブにまつわる思い出

「WANDS」と聞いて、今の若い人達は知っているのだろうか?

よく知っているのは、30代から上の年齢層だと思う。WANDSは某人気アニメの主題歌になっていたし、そのアニメは若い人達も大人気なアニメだった。主題歌はミリオンセールスを記録したので、若い人も知ってる人は知ってるはずだ。

私がWANDSを好きになったのは、デビュー当時の曲「もっと強くだきしめたなら」を聞いてから、誰が歌っているんだろうと?気になって、シングルを買ったのがキッカケだった。

それからアルバムを買い、WANDSの魅力にどんどんはまっていった。何て力強いボーカルなんだろう。心に響く歌。しかも歌詞を書いていたのは全てボーカルの上杉昇さんである。

20代そこらでこんな世界観があるなんて、もう私はファンでじゃなきゃいられなかった。

378-eyecatch
credit: CubesAndPiii via FindCC

ファンクラブにも入会した。いつかWANDSのライブを生でみたいと思ったからだ。ファンクラブに入ればチケットも取りやすくなるし、いい席が取れるはずと思っていた。

しばらくしてWANDSがライブを行うことをファンクラブで発表した。物凄く胸が高まった。全国を何箇所かを回るライブだった。

私は兵庫県に住んでいたので、大阪だったらライブ会場に行ける。会報を見ると、大阪厚生年金会館が2日連続であった。私は初日を選んでライブ申し込みをした。

しばらくするとチケットが送られてきた。チケット当選して、しかも前から5番目というラッキーな席だった。本当この時はついているなと思った。

ライブ当日は早めに厚生年金会館に着いた。周りにはWANDSファンだらけで嬉しかった。

そしてライブが始まった。もう格好いいし、名曲をたくさん歌ってくれた。生で観るライブは最高だ。ますますファンになった。ものすごく盛り上がった。

ライブでギターの柴崎さんからキラキラ光るものをみた。何だろう?と思った。

それは汗だった。汗が照明に当たってキラキラ輝いていたのであった。本当キレイだった。

このライブでは、いろんなものを見せてもらった。ライブは良いなと、本当に心からそう思った。出来るならまたライブに行きたいけれど、それは叶わぬ夢。

そう、WANDSはもう解散してしまったのである。

 

Complete of WANDS: At the Being Studio

1,600円
(2015.04.14時点)
posted with ポチレバ