EXILE「EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”」地方遠征したラストライブ

スポンサーリンク

思い出のライブとプロフィール

1983年生まれ 東京都在住 女性 会社員
EXILE「EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”」
2013年6月22日 札幌ドーム

ライブにまつわる思い出

EXILEのリーダーであり、社長であり、パフォーマーでもあるHIROさんの、パフォーマーとして参加する最後のライブツアーでした。

どうしても見に行きたかったので、東京ドームのチケットを予約しようとすると、全て取れませんでした。どうしようか悩みつつも、「やはり最後のライブツアーは生で見ておきたい!」と思い立ち、ネットで空きのあった札幌ドームのチケットを購入しました。

東京から札幌までの遠征です。ライブツアーで地方に遠征するのは初めての経験だったので、自分自信も戸惑いながら、ツアー会社の国内フリーツアーで札幌ツアーを予約し、ホテルと航空券をセットで購入しました。

同行人として、友人を説き伏せて二人で遠征することになりました。夏だったのですが、札幌は東京に比べはるかに涼しく、過ごしやすい天気、気候でした。

ライブツアーの時間よりかなり余裕を持ってホテルを出発したつもりでしたが、電車に乗ってドームが近づいてくるにつれて徐々に電車が混み始め、最後には満員電車になっていました。

周りを見渡すと、EXILEのコンサートグッズに身を固めた人ばかりでした。女性の方がかなり多かったのですが、年代は想像していたよりも幅が広く、私達の前の席に座っていたのは70代のおばちゃん二人組でした。

その二人は、ライブグッズのEXILEジャージを格好良く着こなしていて、私も用意しておけばよかった、と軽く後悔をしたことを覚えています。

そして、いよいよステージが始まりました。ステージの始めはやはり映像からのスタートでしたが、HIROさんの引退式に相応しく、彼のどアップ映像から始まり、世代交代をほのめかす様な内容で、見ているだけで自然と涙が出てきました。

372-eyecatch
credit: MIKI Yoshihito (´・ω・) via FindCC

実際に座っていた席はステージから遠い二階席の後ろの方でしたが、パフォーマー達がステージの隅から隅まで走り回ってくれたり、映像コンテンツの迫力も凄く、ドーム全体が一体感に包まれているようでした。

最後に目にしたHIROさんは、ステージから観客へ手を振り、笑顔でステージを後にする姿でした。私にとって、これは思い出に残る最高のライブツアーでした。

 

EXILE LIVE TOUR 2013

3,000円
(2015.04.11時点)
posted with ポチレバ