SID「smile」マイナスをプラスに変えてくれる人生の応援歌

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1986年生まれ 北海道在住 女性 事務
SID「smile」

曲にまつわる思い出

大学の時にシド(SID)を知り、「smile」は就職活動中や社会人1年目の応援歌になった曲です。

悩んだって進まないさ はじめようか 今すぐ

という歌詞から始まるアップテンポな曲で、内定が決まらない焦りや不安、仕事がうまくできない悩みも、この曲で乗り越えてきました。歌詞の1つ1つが、不安や悩みを吹き飛ばしてくれます。

まわりがどんどん内定を決めていくなか、なかなか決まらない自分。自信を失って自分を見失いかけた時、この曲の、

くだらないことも 全部含めて 君の主張さ
捨てる場所は 一つもない まずは声に出そう

という歌詞に、勇気を貰いました。人間関係に悩んだ時には、

敵ばかり現れて 迷路に迷い込んだって
その向こうに 同じ数の 味方が待っている

という歌詞に救われました。何かあったわけではないけど、漠然と不安を感じた時には、

手遅れって言うのかい? 転ぶ前に傷ついて
君が思うほど周りは 誰も見ちゃいない

という歌詞に元気を貰いました。将来について不安を感じた時には、

長い長い旅の途中 君が位置するそこは まだまだ
スタートライン すっと手前

という歌詞に希望を貰いました。

小さい悩みでも、ちょっとした不安でも、気持ちがマイナスになっているときには必ずこの曲を聞いています。歌詞がアップテンポな曲と共にダイレクトに入ってきて、頭の中をプラス思考に変えていってくれます。

351-eyecatch
credit: PhoTones_TAKUMA via FindCC

バラードの曲の方が歌詞は頭に入ってくると思っていたのですが、この曲で覆されました。友人が職場の人間関係の悩みで押し潰されそうなときに、一緒にこの曲を聞いて、

照れでも 愚痴でも 理想でも そうなんだって聞かせてよ
味方はここにも一人いる それを忘れないで

という歌詞のところで2人で号泣したこともあります。一番好きな歌詞は最後のところの、

この先は長く険しくて 喜びで 悲しみで
両手いっぱいになる頃は 笑顔でありますように

という部分で、辛くても苦しくてもそれと同じくらい楽しいことも嬉しいこともあって、それを乗り越えた時には、笑顔が生まれるんだと言われてる気がして、力が沸いてきます。

いい思い出と共にある曲ではありませんが、だからこそ印象も強く残っています。

 

センチメンタルマキアート

2,500円
(2015.04.02時点)
posted with ポチレバ