華原朋美「Hate tell a lie」初めて自分でCDを買った思い出の一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1986年生まれ 兵庫県在住 女性 主婦
華原朋美「Hate tell a lie」

曲にまつわる思い出

私の思い出の一曲は、華原朋美の「Hate tell a lie」です。小学生の時に初めて、自分のお小遣いで買ったCDだからです。

華原朋美を知るまでは特に好きな歌手もいませんでしたが、当時の私は音楽番組をよく見て、CDもいっぱい聞いて、とても音楽に興味のある時期でした。

最近とても苦労したとか復活したとか、波乱万丈な人生の人だなという感じですが、当時の彼女は本当にキラキラ輝いていて、憧れの対象でした。

テレビに華原朋美が頻繁に出るようになり、知らぬ間に好きになっていました。何といっても、あの高音ボイスに惹かれていたのと、かわいい顔、きれいなスタイルなどの容姿も、好きになった一因です。

「I’m proud」が大ヒットして、その次のシングルがこの「hate tell a lie」だったように思います。小学生だった私は、初めて自分でCDを買いに行き、レジカウンターまでドキドキしながら持っていたのを覚えています。

当時のシングルCDは、今の大きさより小さく手のひらサイズでした。きっと今の子供が当時のシングルCDを見たら「何これ!小さすぎ!」ってびっくりするでしょうね。あぁ、懐かしい…。

344-eyecatch
credit: mroach via FindCC

まだ子供の私は、歌詞の意味なんて理解していなかったはずです。でも、とにかく何十回、何百回も繰り返しCDを聴き、一緒に歌っていた記憶があります。

何回も歌詞の紙を見すぎて、CDの入れ物はボロボロになっていました。特に、

何から何まであなたがすべて私をどうにか輝かせるため
苦しんだり悩んだりしてがんばってる

のメロディーが好きでした。華原朋美の歌い方を真似してみたり、裏声をがんばって出して歌ってみたり・・。

今、振り返って考えるととても恥ずかしいですが、自分も歌手になって輝いている夢まで見ていました。それほどまでに私を歌に夢中にさせてくれる一曲でした。

思い出せば思い出すほど、他にも大好きな曲はいっぱい出てくるのですが、やっぱり自分で買った初めてのこの曲が当時の思い出もふくめて1番の思い出に残っている曲です。

 

Dream - Self Cover Best

2,100円
(2015.03.30時点)
posted with ポチレバ