高橋優「旅人」母への親不孝な言動を後悔した一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1986年生まれ 愛知県在住 女性 会社員
高橋優「旅人」

曲にまつわる思い出

高橋優さんの曲はすごく共感できるものが多く、大好きなアーティストの一人です。なので2月1日に行われたライブに行ってきました。

そのライブで高橋さんは「旅人」という曲を歌ってくれました。それを聴いた瞬間、私はすぐに母のことを思い出しました。

私は今、うつ病を患っており、高校も中退しています。その後通信制の学校に行って卒業はしました。ですが今は、ちゃんとした職には就けていません。

フリーターとは違うと思うのですが、障害を持った人たちが働く「就労継続支援A型」という、いわゆる作業所で働いています。今はそこで頑張りながらいつか、一般就労がしたいと考えています。

しかし病気は治ったわけではなく、今も治療を続けていて、たまに気分が落ち込んで泣き喚いてしまうこともあります。そのとき、いつも助けてくれるのは母なのです。

でもたまに、ひどいことを言って傷つけてしまうので、きっと父や兄からも相談を受けていると思います。なのに、母は家族の愚痴や悩みを、決して自分から言い出しません。

おそらく、我が家の中で一番苦しい思いをしているのは母だと思うのです。

342-eyecatch
credit: Camil Tulcan via FindCC

「旅人」を聴いたとき、気がついたら泣いていました。

私はどれだけ母にひどいことをしてきたんだろう。いつも優しく励ましてくれるのに、キツい言葉を言ったりして、私は本当に最低の親不孝者だと痛感しました。

母がいなかったら私は存在すらしていないのに、本当に最低です。こんなにも傷つけておいて今更かもしれませんが、私は母に恩返しがしたいと思っています。

基本的に家にいることの多い母と、どこかに出かけたりしたいです。温泉とかもいいですし、母は一度もディズニーランドに行ったことがないので一緒に行ってみたいです。

私は母が大好きです。でも、私のせいでいっぱい泣かせてしまいました。私の病気の原因も、自分が健康な子に産んであげられなかったから、育て方が間違ってたからと責めています。

だからそれは間違いだよと、そうでなかったら私は母を好きになんかならないよと言います。歌詞にあるように、いつか帰るべき故郷は母のいる場所だし、私もいつも母が帰ってくることを待っています。

 

パイオニア/旅人 - Single

750円
(2015.03.29時点)
posted with ポチレバ