彼氏から突然の別れを告げられた時に流れていた曲 森高千里「雨」

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1967年生まれ 新潟県在住 女性 フリーランス
森高千里「雨」

曲にまつわる思い出

この曲は私の失恋ソングです。
私は当時付き合っていた彼氏と、彼女のコンサートに一緒に行きました。
二人とも彼女の曲が好きだったので、その点でも話が盛り上がり、車の中でもけっこう聴いていました。

秋が終わり、冬本番の12月初めのころ、私は彼氏と別れました。
原因は私にありました。

当時は中距離恋愛でした。
そのため、私が就職して、彼の家の近くに引っ越すことを約束していました。

しかし、彼の仕事の時間が不規則なのと、家が遠いため、なかなか連絡が取れなくなっていきました。二人ともそれほどマメな性格でもなかったため、気持ちの中でもすれ違いができていったのだと思います。

その後、彼にあった時に、私は彼の家の近くには行けない、と言うような話をしました。私は会えない寂しさから、今後ちゃんと彼とやっていけるのか不安になっていたからです。彼は私の言葉を聞いて、かなりショックを受けていたようでした。

それからも、なかなか彼に会えない寂しさから、他の男性の友人と仲良くなったりしていました。
そして12月に入り、クリスマスプレゼントを渡して、もっと仲良くなろうと、私は考えました。

その頃はもう彼から連絡が来ることは、ほとんどなかったので、不安な気持ちもありました。しかし、このままの状態でいるのも嫌だったので、彼の本心も確かめたい、そんな気持ちでした。

そして、彼に電話をして、思いを告げました。彼は何も言わずにただ「別れよう」と言いました。

私は理由をあれこれ聞きましたが、何も答えてはくれませんでした。結局、その電話が最後となりました。

私の中では、突然終わってしまった感じでした。その時に流れていた曲が、森高千里の「雨」でした。

この曲は自分の状況と重なる部分が多かったので、この曲を聞きながら一人、泣き続けました。クリスマスが近い時期で、しかも寒い時期に失恋した私は、この曲を聞くとさらに悲しさがこみあげてきました。

しかし、しばらくこの曲とともに悲しみに浸り、数ヵ月後少しずつ立ち直っていきました。