ゆず「栄光の架橋」やればできると実感することができた一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

埼玉県在住 女性 フリーター
ゆず「栄光の架橋」

曲にまつわる思い出

この曲は、私が中学3年生の時に学校で毎年行われていた、合唱コンクールで歌った思い出の曲です。

私の通っていた学校は、まるでドラマに出てくるのでは?と思うほどに荒れていて、授業なんてまともに受けないのが当たり前、学校は遊ぶところ、真面目にやるなんてアホらしい。そんな雰囲気が漂うクラスでした。

実際、私もあまり学校へは行っていませんでした。たまに気まぐれで給食の時間くらいに学校に行って、給食を食べてダラダラと放課後まで過ごし、そのまま友達と遊びに行く。これが普通でした。

1年生のときは毎日先生に注意され、学校から家にも連絡がきていたので、親にもうるさくいわれていました。でも、うるさく言われると余計に反発してしまうので、余計に大きな揉め事になっていました。

2年生になるとクラス替えで担任の先生たちが変わりました。それでもやはり、雰囲気は変わりませんでした。むしろ酷くなる一方で、先生が泣きながら教室を飛び出したこともありました。

306-eyecatch
credit: ignat.gorazd via FindCC

そして3年生になったときの担任の先生が、合唱コンクールで歌う曲として、この「栄光の架橋」を提案してくれたのです。その先生は教科は英語、部活はサッカー部を受け持っていて、みんなからとても慕われている先生でした。

毎年の合唱コンクールは課題曲と自由曲を歌うのですが、いつも堅苦しい曲ばかりで、つまらないと思っていました。そして、授業でも歌をまともに歌うひとなんかいません。

みんな「こんな曲やだー」や「もっと人気歌手とかアニソンの○○○とかにしたらいいのに(笑)」など、勝手なことばかり言って、先生を困らせていました。

そんなときに先生が「もう、お前らみんなで選べ。歌いたい曲なら練習もちゃんとするだろ(笑)」というひと言から、なんだかみんヤル気になって、放課後まで真面目に練習するようになりました。

そしてなんと、合唱コンクールで1位を取ることができたのです。

先生は「ふざけたやつだと思ってたけど、みんなちゃんとやればできるし、良いところあるんだよな。」と笑いながら言っていました。なんだかそのひと言が、とっても嬉しかったのを覚えています。

そしてこの気持ちはみんな同じだったのか、数年後の成人式で、式のあとの打ち上げでみんなで合唱した曲は、この「栄光の架橋」でした。

 

1 ~ONE~

2,500円
(2015.03.12時点)
posted with ポチレバ