Janne Da Arc「ヴァンパイア」恋に傷つき毎日泣き明かした一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1987年生まれ 静岡県在住 女性 主婦
Janne Da Arc「ヴァンパイア」

曲にまつわる思い出

私はこの曲を聞いた当時、人生初の失恋をしていました。

高校1年で付き合い、高校3年で別れてしまった彼氏がいました。お互い初めての恋人で、いつも一緒にいましたが、ある日、他に好きな人が出来たと、別れを告げられました。

でも私は、その彼をなかなか忘れる事が出来ず、なんとか寄りを戻せないかと共通の友人に協力してもらいましたが、その彼に会う事すら出来ませんでした。

それから1年が経ち、彼とたまたま会う口実が出来ました。私はもう諦めていたので友達として会おうと決めました。しかしいざ会ってしまうと気持ちは止まらず、結局体だけの関係になってしまいました。

毎日泣きましたが、彼が離れてしまう事を考えると怖くて嫌だとは言えませんでした。

その後、Janne Da Arcという生涯忘れられないアーティストに出会い、「ヴァンパイア」という曲を知りました。その曲はその当時の私の心境そのものでした。

毎日考えるのは別れた彼の事ばかり、いくら想っても一方通行…やっと戻って来てくれた、優しい笑顔や言葉をくれたと思ったら、全て嘘でした。

会えば体を求められ、終わればすぐに居なくなってしまいます。そして私は1人残された部屋で、ずっと泣くんです。彼に対する愛情と憎しみが渦巻いて、胸が締め付けられました。

284-eyecatch
credit: Www.CourtneyCarmody.com/ via FindCC

しかしこの関係から逃げたいと思う半面、体くらい好きにすればいいいと強がっていました。愛してるから愛されたい。戻ってきて欲しい。前のように過ごしたい。

その願いは絶対に叶わないのはわかっていましたが、自分が我慢していれば彼は傍にいてくれると、間違った方向に進んでしまったのです。

いい加減にしろと周りの友達は言いましたが、私は全てに反発してしまいました。「ヴァンパイア」という曲だけが私の良き理解者でした。

自分の心の中にあるドロドロを葛藤を、誰かにずっとただ聞いてもらいたかったのです。ただ一言、否定ではなく「分かるよ」と言って欲しかっただけなんです。

何度も何度もその曲を聴き、毎日泣き明かしました。この曲を聴くと今でもその当時の気持ちを思い出します。

今は結婚して子供が2人います。とっても幸せです。当の元彼はその後、彼女ができてもすぐに別れてしまい、今は独り身だそうです。

ざまあみろですね。

 

ANOTHER STORY

2,200円
(2015.03.04時点)
posted with ポチレバ