HY「NAO」たくさん泣いたけどスッキリさせてくれた失恋ソング

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1988年生まれ 東京都在住 女性 会社員
HY「NAO」

曲にまつわる思い出

HYの「NAO」という曲を知ったのは、私が高校生の時でした。

HY自体がすごく流行っていたので、友達はみんなカラオケに行くと、HYの「なみだ」とか「あなた」とかを、ほぼ必ず歌っていました。そして「NAO」もやっぱり人気で、切ない歌詞と歌う人の力強い声が印象的です。

当時私は、一つ年上の先輩と付き合っていました。私が高校に入学して一ヶ月くらい経った頃、たまたま掃除中に話しかけられて仲良くなっていきました。

連絡先を交換し、部活終わりに一緒に帰ったり、昼休みにちょっと話したりして、半年後くらいに付き合うことになりました。

私にとっては初めての彼氏で、なんだか緊張したけど、両想いってこんなに嬉しくて楽しくて幸せなんだなと思っていました。私は付き合う前よりも先輩のことが大好きになっていました。

しかし、その先輩が高校3年生になった頃、少しずつ態度が冷たくなっていきました。それがあからさま過ぎて、悲しくてたくさん泣きました。

それでも先輩の側にいたかったからずっと耐えていたけど、ある日先輩に「好きな人ができたから別れてほしい」と言われ、フラれてしまいました。

226-eyecatch
credit: しゃれこーべ via FindCC

どんな形でもいいから先輩と一緒にいたかったけど、好きな人ができてしまったのならしょうがないし、迷惑もかけられません。先輩の希望で、普通に話はする友達になりました。

この時、毎日のように聴いていた曲が「NAO」です。まるで私の気持ちを代弁して歌っているかのような歌詞でした。

あなたの声があなたの顔が忘れられなくて
あなたが好きなあの子になって聞いてみたい
「好き」と言われることがどんなに幸せか感じたい

一つ一つのフレーズが心にグサグサきました。聞く度に泣いていたけど、泣いた後はなんだかスッキリしていました。

友達もフラれた子はだいたいこの曲を聴いていましたし、カラオケで失恋3人組でこの歌を歌いながら号泣したのは、今となっては良い思い出です。

そして今、あの頃を思い出してこの曲を聴くと、学生っぽくて青春してたなぁと、とても懐かしく思います。

 

Confidence

2,000円
(2015.02.04時点)
posted with ポチレバ