時を超えても素晴らしいと思え、ライブでの生演奏に感動した曲 GLAY「BELOVED」

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1985年生まれ 山梨県在住 女性 会社員
GLAY「BELOVED」

曲にまつわる思い出

中学生の頃にGLAYが流行って、友達とCDを貸し借りして毎日聞いていました。

GLAYはたくさんの曲をリリースしていましたが、子どもながらにこの「BELOVED」の歌詞に感動して、CDウォークマンでヘビーローテーションして聞いていました。

その頃は流行っていることもあって、「GLAYを聞いていればかっこいい」くらいに感じていたのですが、それでも、時折流れる音楽番組などで彼らが歌っている姿を見ては、直接生の演奏を聞いてみたいなあと憧れるようになりました。

しかし、田舎の中学生には、バンドのライブを遠くまで見に行くような経済力も余裕もありませんでしたので、その夢はかなえることができませんでした。

やがて高校生になり、音楽の趣味も少しずつ変わって、違うアーティストを聞くようになりました。

さらに時は経ち、大学生になりました。

実家から県外に出ていたものの、田舎の大学に進学したため、相変わらず田舎暮らしをしていたのですが、大学生になって行動力もつき、バイトである程度のお金を使えるようになっていました。

この時、「ああ、今の私はもしかして、ライブやコンサートに行けるのではないか。」とはたと気が付いたのです。ちょうどそんな折、仲良くなった友達がGLAYのファンだと知り、ライブに誘ってくれたのです。

たまたま全国ツアー中の彼らが、下宿先の近くのホールに来るということもあってますますライブ参戦が現実味を帯びてきていました。あの頃行けなかったライブに行けるのだと思うと胸がわくわくしてたまらなくなったのを覚えています。

ライブを見に行くことにして、最近のGLAYの曲はどんななのか、と動画サイトで検索すると、中学生だった頃の私が感動して何度も聞いた「BELOVED」のPVに行き当たりました。

成人してから改めて聞いたとき、今までの二十余年間にあったことを思い出し、一人部屋の中でじーんとしてしまいました。

この曲は何歳になっても心に訴えかけてくるなあとしみじみ感じたのです。その後、何度かGLAYのライブに参加しました。その中で一度だけ、生の「BELOVED」を聞くことができました。

聞きたい聞きたいと思っていた曲のイントロ部分で、私はすでに泣いていました。あの感動は忘れることはないと思います。

今は、育児に追われてライブにも行けなくなってしまいましたが、いつか子どもが手を離れたら、あと一度だけでいいのであの「BELOVED」を生で聞きたいと思っています。