SEAMO「Continue」負けたら終わりじゃなくてやめたら終わり

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1989年生まれ 鹿児島県在住 女性 主婦
SEAMO「Continue」

曲にまつわる思い出

私の思い出の一曲はSEAMOの「Continue」です。

この曲の歌詞の中に、「負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよね」というフレーズがあります。私はこの曲を聴く度に、いつも勇気づけられていました。

それはちょうど、大学1年生の時でした。私が不慣れなバイトをし始めた時の事です。

同じことを何度も注意されても、それが出来ない私でした。もう何年も働く人にとっては出来て当たり前のことが、私にはそれが出来ずに、とても苦労しました。

何度もやめてしまいたい…そう思いました。バイトが終わると、号泣しながら帰っていた事が懐かしいです。その度に、父に電話で泣きついていました。

でもある時、この曲に出会ってから私は変わりました。

仕事で失敗して負けたからといって、それで仕事をやめてしまったら、本当の負けだと思ったのです。

負けたから、失敗したから終わりなのではなく、私がその仕事を挑戦し続けることをやめてしまったら、それで終わりなのだと思ったのです。

それに気づいた私はその日から変わりました。とにかくどんなに色々いわれても、最後まで仕事をやりきろう。それだけは心に決めたのです。

それから何日も同じような辛い日々が続きましたが、それでも私は最後の最後まで諦めずに仕事をやり続けました。

183-eyecatch

そして、バイトの最終日を迎えた日のことです。

とても厳しく指導してくれた方から、本当にお疲れ様といってお菓子とメッセージをくれました。

「指導の仕方が上手でなくてごめんね」というのです。

私は、その言葉に救われました。この曲のように負けたら終わりなのではなく、やめてしまったら終わりなんだというのは本当だと思ごいました。

私がどんなに辛かったとしても、そこで途中で投げ出さなかったからやってこれました。それを認めてくれたのです。

それから2年後、私はまた同じ仕事に就きました。あんなに最低だったと思っていた仕事をまたやるとは思ってもいませんでしたが、本当に良かったです。

これが私に勇気をくれた、思い出の一曲です。

 

Best of SEAMO

2,500円
(2015.01.15時点)
posted with ポチレバ