G-DRAGON「ピタカゲ」昔の自分とシンクロした一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1970年生まれ 福岡県在住 女性 主婦
G-DRAGON「ピタカゲ」

曲にまつわる思い出

私は、今44歳の主婦です。結婚しています。

これは私が24歳の時の話です。私はその当時、高校時代から付き合っていた彼氏がいました。

彼とは高校時代からの付き合いというのもあり本当に仲がよく、もう家族のようでした。

私は彼と結婚するとずっと思っていました。24歳だし、もうすぐ結婚してもいいのではないかなと思っていたときに、彼が外国にある会社で5年間、仕事をする事になってしまったのです。

私は本当に戸惑いました。5年後はもう29歳だし、結婚を考えるなら年齢的に遅いんじゃないかと。

でも、彼はどうしても自分の仕事の成果を外国で成功させたいと言い、彼とよく話して別れる事にしました。

私は今、44歳です。G-DRAGON「ピタカゲ」は、最近の曲ですが、私のあの当時の気持ちをすべて表現している曲です。

「エイエンなんてものあるわけないでしょ」

その当時は、本当にこのように思いました。高校時代の時から付き合っていて、本当にこの人とはエイエンなんだと思っていたのに。

「幸せそうにしてるお前らがむかつく」

本当にこれでした。本当はいけない事なんだろうけど、周りの友達や街を歩くカップルを見て、本当にむかついていました。

「とにかく君の笑顔信じてたオレがバカだった」

本当に彼のことを信じていたのに、私はバカみたいと思ってました。

「こうなったらもう独り身だぜ一生」

彼以外と恋愛したことがなかったので、今更恋愛する気力もその当時はありませんでした。なのでもう一生独身なのかなっと思いました。

でも、ここまではすごく自分でも苛々していて、私より仕事をとった彼が許せませんでしたが、この後にでてくる歌詞で変わりした。

「お願いさ今夜だけ夢を見させてよ こんなにも辛いなんて 一人じゃ無理だから(君に会いたい)」

私は結局、彼が外国にいった後でも、彼の事が大好きで、すぐにでも会いたくて、辛くて、叫びたかったんです。「一人にしないで」と。

「異常な程君が恋しいのさ」

本当に恋しかったです。この歌を聴いたとき、本当に昔の私だなと笑みがこぼれました。

Into the Airport Light
credit: cogdogblog via FindCC

そして5年後、彼は外国から帰ってきました。彼から連絡がきました。「会いたい」と。

私はその時、夢かと思いました。あぁ、今日だけ夢を見させてくれるのかという気持ちで、彼に会いに行きました。

彼は5年前とまったく変わっていませんでした。彼の姿をみて涙がでてきて、「ずっと待ってた。本当はずっと好きだった。今更ごめんね」と、その時の気持ちを素直に伝えたのを覚えています。

彼も、「私がまだ自分のことを好きでいてくれていたら結婚を申し込もうと思ってた」と言ってくれて、私達は結婚しました。

結婚してもう15年がたちます。子供も二人います。

最近この歌を知って、あの時の事を思い出し、愛しい夫とこんな辛い時もあったんだなと、ほろ苦いけどほろ甘い思い出として、大事に心にしまってあります。