ストーカーに追われ精神的に参ってた時に落ち着けた大人な曲 安室奈美恵「Wishing On The Same Star」

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1980年生まれ 東京都在住 女性 専業主婦
安室奈美恵「Wishing On The Same Star」

曲にまつわる思い出

この曲は私がまだ独身の頃に良く恋愛に迷った時に聴いていた曲です。当時付き合っていた彼とは関係も曖昧で何を言っても結婚や将来の約束も何にも考えてくれない状況で当時の私は遊ばれているんじゃないかと焦りを感じていました。

そんな曖昧な状況でいつの間にか心が冷めてしまった私は職場の同僚を好きになってしまいました。職場の同僚は他の子が好きで私は片思いのままだったのですが、段々好きな人が居るのに他の人と付き合っている状態が嫌になり、彼に別れを切り出しました。

急に別れを切り出した訳ではなく、何回も関係改善を提案したのに無視されて来てすっかり冷めた結果だったのです。それなのに、もう話し合いをしても遅いのに初めて彼は本気で結婚をしようと言って来ました。

ただもう私にとって彼は重たい存在になっていたので、別れることしか考えられませんでした。彼は逆上してストーカーになってしまいました。

何を言っても話が通じず、この人は何でいつも自分のことばかりしか考えていなくて、私と分かり合おうとしてくれないんだろうと当時の私は疲れ果てて思っていました。

そんな時に安室奈美恵さんの曲を良く聴いていました。大人っぽくて心にすんなり入って来る感じで、特にこの曲を聞くと落ち着いて来るんです。いつか本当に分かり合える人に会おうとする決意みたいなものが心に湧いて来るんです。

ストーカーの件は第三者が間に入ってくれて何とか解決しました。

落ち着いた私はこれをきっかけに転職して心機一転やり直すことにしました。その時にこの曲を聞きながら思ったのです。淋しいからとか、そんな理由で恋はしないと仕事もきちんとできる様になった時にもう一回出会いがあれば求めてみようと。その後に出会ったのが今の夫です。

無理しないで思いやりあえて、協力出来る。自分より優先できる。そんな存在に出会えて私はやっと肩の力を抜くことができました。

今では遠い思い出ですが、この曲を聞くと当時の恋愛のやるせなさとか思い出します。