Mr.Children「[(an imitation) blood orange]」オリジナリティあふれる曲が多いアルバム

スポンサーリンク

レビューアルバムとプロフィール

1995年生まれ 静岡県在住 男性 大学生
Mr.Children「[(an imitation) blood orange]」

アルバムレビュー

初めに収録されている「End of the day」という曲。この曲はかなり盛り上がるサビになっていて、リズムもよく個人的にアルバム内では3番目くらいに好きな曲です。

目指したものが 自分とはあまりにかけ離れてて
どうせあそこには 届くはずがないんだって吠える

という歌詞が、あきらめグセのある私には共感できるフレーズです。だからいつも歌詞の通りにマイナスからのスタートを切ってしまうんですよね。

しかし、サビのあとにある、

あと一歩のとこまで きっと来てる
そうやって言い聞かせて

の歌詞のように、自分にもそう言い聞かせて、輝ける日は来るとポジティブな考えさせられる歌だなって思いました。

次の収録曲は、男性の恋愛観を示した「常套句」という曲です。私も男なので、共感できる場面を照らし合わせてよく聞いています。

君が思うよりも
僕は不安で寂しくて

こんな時って、恋してる男性にならあるかなと思います。サビの部分にはそんな思いが爆発したかのような想いと、感情を込めた抑揚がその思いをより強く示しているなと思いました。

何しているときも相手のことを想ってしまう。そんな切ない恋愛観を鮮明に表した曲ですね。

そして次に収録される曲が「hypnosis」という曲です。とあるドラマの曲ですね。サビにどーんとくるのが特徴的な曲となっています。

希望はあるけどそこに届くようなら、夢ではないといった少し難しい深い歌詞となっています。

次の曲は「Marshmallow day」という、資生堂のCMで使われた曲です。サビのノリやすいメロディが特に好きで、この曲がこのアルバムの中では一番好きです。

このような、オリジナリティあふれる曲が多いこのアルバムが、私は大好きです。