Mr.Children「Atomic Heart」友達との思い出がいっぱい詰まったアルバム

スポンサーリンク

レビューアルバムとプロフィール

1981年生まれ 群馬県在住 女性 会社員
Mr.Children「Atomic Heart」

アルバムレビュー

私の思い出のアルバムは「Mr.Children」の『Atomic Heart』です。中学で一緒になったとなり町の友達が貸してくれた、思い出の一枚です。

その頃は私はあまりJ-POPを聞くことはなかったのですが、友達の影響で聴き始め、いつしかファンになっていきました。

「貸してあげるから聴いてみて」と言われて出会うことがなければ、私はその人とも友達になっていないかもしれませんし、ミスチルも聞いていなかったかもしれません。運命だなぁと思いました。

それからは2人で一緒に勉強し、おしゃべりしながらミスチルを聞きました。

今聞いてみると随分と大人な歌詞で、その当時は意味がわかって聴いていたのかは覚えていませんが、桜井さんの歌声や歌詞にキャーキャー言っていたのは覚えています。

学校にCDを持っていくのは禁止だったはずなので、少しドキドキしながら借りていたのだろうと思います。今はインターネットで簡単に音楽が手に入ってしまう時代ですが、あの頃は買うか or 借りるかで、随分と悩んだものです。

借りたものをMDに録音するのも時間が掛かったし、今より大切に聴いていて、記憶に残っているのかもしれません。

『Atomic Heart』はどの曲がというよりは、貸してくれた友達とのエピソードのほうが、色濃く覚えています。

曲で言えば『Innocent World』や『クロスロード』は、当時TVでも使われていてとても流行っていたので、カラオケでもよく歌っていたのを覚えています。

『Over』は少し大人な曲ですが、子供なりにキュンキュンして聞いていたなぁと思い出します。ミスチルの曲は少しドキドキしてしまう大人な曲が多く、子供の私たちにとっては刺激的だったように思います。

あの時、私にミスチルのCDを貸してくれた友達とは、今は疎遠になってしまいました。ですが今でもミスチルを好きで聞いているのは、あの友達のお陰です。忘れることの出来ない素敵なエピソードです。

私に『Atomic Heart』を貸してくれて、ありがとう。