SHERBETS「AURORA」クールで美しい楽曲が魅力のアルバム

スポンサーリンク

レビューアルバムとプロフィール

1978年生まれ 福岡県在住 男性 会社員
SHERBETS「AURORA」

アルバムレビュー

元BLANKEY JET CITYの浅井健一さん率いるバンドの「SHERBETS」の3rdアルバムです。

1,2枚目とも甲乙付け難いのですが、フロントマンの浅井健一さんが、このアルバムをSHERBETSの入門盤と発言しておりますので、こちらを語らせて頂こうと思います。

さてこのアルバムなんですが、まず全体を通して非常に冷たい冷気のようなものを感じるアルバムです。

音の一つ一つが冷たく透き通っていて、そして美しいです。本当に聴き入ってたら、異国の雪国に迷い込んだような錯覚を覚えました。

曲目は、

  1. 愛はいらない
  2. Merry Lou
  3. グレープジュース
  4. BAR Mie Boo
  5. トカゲの赤ちゃん
  6. 勝手にしやがれ
  7. エスカレーターと彼女の水彩画
  8. タクシードライバー
  9. チャームポイント
  10. 魔王をぶっとばせ
  11. ポーリングクラッシュ

となっております。全曲好きなのですが、特に1、3、5、9は絶品です。

1曲めの『愛はいらない』は、ややローテンポなジャギーなギターリフがカッコイイです。「愛はいらない、湿度だけで、俺はいいよ」と、色んな解釈ができる歌詞も、私の心の琴線に触れっぱなしです。

そう、このアルバムの魅力は楽曲の美しさだけじゃなく、浅井健一さんが紡ぐその言葉にもあるんですね。BLANKY JET CITY時代からセンシティブな詩を書かれてましたが、SHERBETSは更にそれを研ぎ澄ました感じです。

3曲目の『グレープジュース』では「ママ、人はどうして殺しあわなくちゃいけないのだろうね」や「幼くて、行き先も見えない。俺達きっと、みんな迷子さ」と、本当にハッとするような言葉を紡いでおります。

この『グレープジュース』に関しましては、PVも素晴らしいものになっておりますので、ご興味がわかれた方はぜひ一度、ご覧になって頂けたらと思います。

そんな美しい楽曲の最中、インストを挟んだり、かと思えば、狂気を孕んだような乱暴な曲も登場したりして最初から最後まで飽きることも、ダレることもなく最後まで聴き入れられます。

聴き入ると言うより、映画を見てるような感覚が近いかもしれません。

冷たく、物憂げで、美しく、そしてどこか希望を感じられる、そんな素敵な名盤だと思います。

 

AURORA

2,200円
(2016.09.01時点)
posted with ポチレバ