B’zの「LOVE PHANTOM」人前でのダンスがちょっと恥ずかしかった一曲

スポンサーリンク

思い出の一曲とプロフィール

1980年生まれ 埼玉県在住 女性 主婦
B’z「LOVE PHANTOM」

曲にまつわる思い出

中学の体育の選択授業で、創作ダンスを選びました。

テーマに沿って全身を使って表現をするという内容で授業は進んでいたのですが、曲に合わせてダンスを創り、文化祭で披露しようということになりました。

人前でのダンスには抵抗がありましたが、学校で決定されたことが覆ることはなく、文化祭に向けてダンスを練習することになりました。

まずは曲を決めることになったのですが、そこで第一候補にあがったのがB’zの「LOVE PHANTOM」です。

年代的にもB’zはとても人気のアーティストでしたが、せめて曲くらいは洋楽にして格好つけたらいいのに……と、複雑な心境だったことを良く覚えています。

素人の下手なダンスに合わせるのであれば、洋楽の方が誤魔化しがききそうだと思ったのです。ずるい考え方ですが、そのくらいダンスに自信がなかったということでしょう。

しかし他の生徒の反応はよく、曲はB’zの「LOVE PHANTOM」に決定しました。

それから表現するテーマを決め、チーム別に分かれて担当箇所の振付を考え、最後にまとめるという方法でダンスを完成させました。

身体を二つに折って手を伸ばしたり、思いっきり開脚して倒れこんだり。

表情も作るようにと先生の指導がありましたが、思春期の女の子にとって付け焼刃の創作ダンスというのは、かなり恥ずかしさを伴うものだったと思います。

でも、それでも一生懸命練習しました。

ダンス初心者が一曲分の振付を覚え、間違えずに踊るというのはそれだけでもかなり難しいものでしたので、とにかく繰り返して身体に覚えさせるしかなかったのです。

そして文化祭当日、既製品に手を加えて作った衣装を身に着け、体育館のステージで全校生徒の前でダンスを披露しました。その時には恥ずかしさも吹き飛んで、とにかく必死だったと思います。

a28133325232ec2cc055187b1f882843_s

乗り気ではなかったはずですが、終わった後には何とも言えない達成感がありました。

人前でダンスを披露したのはあれが最初で最後です。この先もまずないだろうと思っています。

だからこそこの時のことは今でもよく覚えていて、B’zの「LOVE PHANTOM」を聴くたびに当時の記憶が蘇ります。

 

B'z The Best “ULTRA Pleasure”

3,200円
(2016.08.19時点)
posted with ポチレバ