Mr.Children「Tomorrow Never Knows」音楽に目覚めるキッカケになった一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1985年生まれ 兵庫県在住 男性 会社員
Mr.Children「Tomorrow Never Knows」

曲にまつわる思い出

私の思い出を一曲は、Mr.childrenの「Tomorrow Never Knows」です。

この曲を知らない人なんていないんじゃないか?というくらいに有名なMr.childrenの代表曲ですが、私がなぜこの曲を挙げたのか、当時を思い浮かべながら話そうと思います。

この「Tomorrow Never Knows」が発売した年は、今から20年以上前の1994年。それほどに昔の曲を今聞いても新鮮に感じるということは、ほんとに名曲なんだと思います。

当時、この曲はキムタクが主演した有名なドラマ「若者のすべて」の主題歌になっていました。この時の自分の年齢は9歳。小学4年の時でした。

この頃の自分は、まだ音楽を聞いたりすることには目覚めておらず、ましてやドラマなどもほとんど見ていませんでした。そんな時、車の中で聞いていたラジオから、この曲が流れてきました。

1179

当時、特に意識して音楽を聞いていなかった自分は、この曲をラジオで聞いたとき、なにか今までと違う感覚を覚えたのでしょう。普段は聞き流していたはずが、声とメロディーが頭の中から離れなくなりました。

ただ正直、誰が歌っているのかまったく分からず、モヤモヤしていたのを覚えています。

今であれば簡単にネットなどで検索すれば分かるのでしょうが、もちろん当時はそんなものはなく、CDショップに行くかテレビの音楽番組で知るかという選択肢しかありませんでした。

CDショップで探すのは至難で結局、しばらくしてからテレビで「Mr.children」というアーティストが歌っていることを知りました。

その日を境に、CDショップでレンタルしてカセットテープに吹き込み、まさにテープが擦り切れるまで何度も何度も聞き続けました。

自分が音楽にハマるきっかけを与えてくれたのが「Mr.children」です。今も最前線で活躍してる「Mr.children」を、これからも応援し続けようと思います。