嵐「Popcorn」お腹の赤ちゃんに聴かせていたアルバム

スポンサーリンク

レビューアルバムとプロフィール

1989年生まれ 千葉県在住 女性 パート
嵐「Popcorn」

アルバムのレビュー

とにかく嵐が大好きなのですが、このアルバムは聞いていて楽しくなる曲ばかりなので、いつも聞いています。

最近の曲よりもこのアルバムの曲の方がアップテンポで明るくて、嵐っぽいような気がして好きです。

寝る前にベッドでかけたりもするのですが、かけない日は子供が「嵐かけてよー!」と言われちゃうときもあります(笑)。

二宮和也さんの「それはやっぱり君でした」は、以前のソロ曲の「虹」と歌詞が繋がっている曲なのですが、メロディーもしっとりしていて、歌詞も少し切ないです。

でも、男の人の素直に言えなかった気持ちや、過去への気持ちがストレートに伝わってきて、とても素敵な曲だと思います。

相葉雅紀さんの「楽園」も、優しい明るい曲でまさに相葉ちゃんの曲!という感じがして好きです。そして他のメンバーの曲も、それぞれのイメージに合った曲だと思います。

大野智さんのソロ曲も、とてもしっとりとしていて、大野くんの伸びやかな声に合っていて、聞いていてうっとりするくらい!本当に大野くんの歌の上手さに合った歌だし、他のソロ曲も聞いてみたいと思うほどです。

そしてこのアルバムの中で一番好きな曲は、「ワイルドアットハート」です。

嵐は前から好きだったのですが、たまーにテレビで見るくらいで、アルバムを買ったりする程ではありませんでした。でも、このワイルドアットハートが好きで、このアルバムを買ったようなものです。

そして、そこからまた熱が入ってアルバムやシングルも買うようになりました!もちろんこの曲が使われている松本潤さん主演のドラマも全部見ました!

この曲が発売された時は妊婦だったのですが、家でリラックスした状態でソファに横になっては、お腹の赤ちゃんに聞こえるように聴かせていました。

ワイルドアットハートのアップテンポなメロディーも好きなのですが、一度きりの人生を転がるように笑って泣いて生きて行こうぜ!という、前向きな歌詞もすごく好きです。

妊娠後期は、お腹が張って動けず横になっていることが多かったのですが、そんなときにも前向きになれた曲です。