GLAY「HOWEVER」歌詞で思いを伝えてくれた一曲

スポンサーリンク

思い出の1曲とプロフィール

1982年生まれ 青森県在住 女性 アルバイト
GLAY「HOWEVER」

曲にまつわる思い出

この曲は、高校2年生の夏頃によく聴いていた曲です。その頃、とても好きな人がいました。

彼とは、その年の春に友人の紹介で出会いました。私は彼と初めて会って、外見だけで一目惚れをしてしまいました。とてもハンサムな人でした。

彼に私の印象を尋ねたところ、「あまりかわいくない」と正直に言われた事を覚えています。それはショックでした。

それでもポケベルで、主に私から連絡をする形で何度も連絡を取り合いました。時々お互いの友達を交えて会ったり、二人でプリクラをとってみたりして、徐々に二人の距離が縮まっていってるのを感じました。

そして夏休み。二人きりで会おうということになり、初めて一緒に夜の星空を見ました。空が晴れていて、とてもきれいな星空だったことを覚えています。

会話していくうちに好きだという気持ちが溢れてきて、告白したらOKの返事がもらえました。今まで生きてきた中で、最高に幸福の瞬間でした。星空の下で抱きしめてもらいました。

1176

そして次の日も、一緒に会う約束をしました。初めて彼の部屋に遊びに行ったら、GLAYの「HOWEVER」が流れていました。

この曲の歌詞が、私への思いだと言ってくれて、ちょっとクサいなと思ったのですが、歌の歌詞で思いを伝えてくれた事がとても嬉しかったです。

その中に、

「あなたを幸せにしたい。胸に宿る未来図を」
「やっぱり二人がいいね。いつも」
「あなたに今告げよう。誰よりも愛してると」

など、この素敵な歌詞を強調してくれたのを覚えています。

あと彼とは、カラオケによく一緒に行って遊びました。初めて一緒にカラオケに行った時も、彼は「HOWEVER」を歌ってくれました。

言葉ももちろんですが、歌からでも愛されているんだなとか、自分は必要とされているんだなとか伝わってきて、心が満たされていくのを感じた事を、今でも覚えています。

告白は私からでしたが、プロポーズは彼のほうからしてくれました。お互い結婚する気満々でした。

しかし高校卒業後、お互いの進路や目的が異なったため、離れ離れに。悲しい結末でしたが、「HOWEVER」は今でも私の心に残っています。

 

DRIVE -GLAY complete BEST-

2,700円
(2016.06.16時点)
posted with ポチレバ