YUKI「うれしくって抱きあうよ」家族を大切にしたいと思えるアルバム

スポンサーリンク

レビューアルバムとプロフィール

1990年生まれ 兵庫県在住 女性 フリーター
YUKI「うれしくって抱きあうよ」

アルバムのレビュー

このアルバムは2010年の3月、ちょうど私が20歳になったばかりの時に発売されました。

ちょうどYUKIの5枚目のアルバムで、1,2枚目のようなロックな物でもなく3,4枚目のような電子音を使ったエレクトロちっくなものでもなく、そして5枚目以降に出たどのアルバムとも全然似ていない、特別なアルバムです。

このアルバムはYUKI自身とYUKIのまわりにいる人達、一人一人について歌われているような気がします。

アルバムの題名にもなっている9曲目の「うれしくって抱きあうよ」は家族のことを、「さようなら、おかえり」や「同じ手」は、子どもや自分自身のことを歌っているのかなと思いました。

このアルバムを聞いていると、とても優しい気持ちになります。生きるのって辛いこともあるけど、とても特別でうれしくって抱きあいたくなるようなことだなと思えてきます。

このアルバムに入っている曲の全てが、「希望や生きる喜びや家族を大切にしよう」という思いにさせてくれます。

友達や彼氏ももちろん大切ですが、自分が生まれた瞬間からそばにいてくれたお母さんお父さん、おばあちゃんおじいちゃん、そしてお姉ちゃんのことを思い出させてくれるアルバムです。

そして、このアルバムが出た時にやっていた全国ツアーで初めて、YUKIのコンサートに行きました。

何もかもが私にとっては1番大切で大好きなアルバムです。

 

うれしくって抱きあうよ

2,100円
(2016.06.11時点)
posted with ポチレバ