「TM NETWORK Tribute CLUB COLOSSEUM」オリジナルを超えてきたトリビュートアルバム

スポンサーリンク

レビューアルバムとプロフィール

1984年生まれ 茨城県在住 女性 無職
「TM NETWORK Tribute CLUB COLOSSEUM」

アルバムレビュー

このアルバムを知ったのは去年なのですが、発売されたのは5年前でした。

80年代から90年代にかけて、日本の現代音楽にセンセーショナルを起こしてきた小室哲哉さん率いるTM NETWORK。

そのヒット曲の数々を、若手のクリエイターたちがクラブサウンドでトリビュートしようというコンセプトで出来たのが、このアルバムです。

私自身はそもそも、カバーソングやリミックスされた曲などはあまり好きではありません。

ましてや、小学生の時から小室ファミリーを聞いてきた私にしてみれば、誰かの手によってカバーされた小室さんの歌は、決して受け付けられるものではありませんでした。そのぐらい、小室ファミリーというのは絶対でした。

ところがこのアルバムを聞いたとたん、その思い込みはいい意味で無くなりました。特に私が気に入ったのは、Junichi Watanabeさんが手がけた、「Just Like Paradise」と、「We Love the Earth」の曲です。

とある動画サイトに、彼が手がけたこれらの曲がアップされており、試しに聞いたところ非常にハイクオリティで、飽きのこないメロディでした。

「We Love the Earth」に関しては歌詞のない曲でしたが、オリジナルよりも非常に良かったです。

曲の作りはかつてのTMNのライブを彷彿とさせる音楽やエフェクトを聞かせており、大ファンが聞いたら思わず「ニヤリ」としてしまうことは必至でしょう。

もちろん長年、小室ファミリーを聞いてきた私ですら、「このクオリティの高さは何なんだろう!」とワクワクしたのですから、知らない人でも聞いたら楽しめる曲だと思います。

「Just Like Paradise」はオリジナルも好きですが、Junichi Watanabeさんによるアレンジも非常に好きです。

オリジナルの良さをそのままに、なおかつTMNのライブのアレンジも織り交ぜつつも、まるでYMOさながらのテクノポップに仕上がっています。オリジナルを聞いてからアレンジを聞いたり、またその逆もしてみると面白いかと思います。

だけど何より、彼がTMNに対して敬意を払っているというのが伝わってきますし、本当にいい意味でオリジナルの良さが破壊されておらず、昇華されているのが分かるのです。だから、本来好きではないカバー曲、リミックスであってもこれらに関しては例外的に好きなのです。

個人的にはJunichi Watanabeさんに、また別のTMNの名曲をアレンジしてほしいと思っています。